【鼻水・鼻づまり】の症状がひどい時におすすめの風邪薬【市販薬】

市販薬
スポンサーリンク

風邪の時の鼻水・鼻づまりはつらいもの。
熱も重なり倦怠感でぐたーっとなってしまうこともありますよね。

ほぼ1年に1回は経験する風邪、今回は市販薬の風邪薬の中で特に鼻水・鼻づまりの症状への高い効果が期待できる商品を紹介していきます。

なお、総合風邪薬については下記記事でランキング形式で紹介していますのでこちらも参考にしてみてください。
総合風邪薬【最強ランキング】よく利く薬10選【市販薬を効き目で比較】

※服用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が飲んでも大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく服用しましょう。

スポンサーリンク

鼻水・鼻づまりに効く風邪薬。まずは総合風邪薬の概要から

ほとんどの人が1年に1回は経験する風邪。いろんな症状が重なり、倦怠感が出たり食欲が落ちたりもします。

今回の記事では風邪、特に鼻の症状がきついいわゆる「ハナ風邪」の時におすすめの市販薬を紹介していきます。
そして症状が鼻以外にない場合におすすめの市販薬も紹介します。

ハナ風邪の症状の大きな柱はずばり鼻水・鼻づまり。そこにくしゃみが頻繁に出るとかなり辛いですよね。
さらに鼻水・鼻づまり・くしゃみの3つの鼻症状に加えて痰、咳、のどの痛み、発熱などの症状も一緒に出ると、さすがに少し横にならせて!という状況ですね。

こういった状況では市販の総合風邪薬の中で、鼻の症状に対して高い効果が期待できる市販薬がおすすめです。

とはいえいざドラッグストアの総合風邪薬のコーナーに行くととても選びきれないほどたくさんの薬が置かれていて、ただでさえ風邪でだるいのに余計具合が悪くなっていまいそうですよね。

今回の記事がいざという時迷わずよく利く薬を選べる様に、また、常備薬として購入する薬を決める際に役立つ情報になればと思います。

総合風邪薬の概要

風邪は、おおまかにいうと急性上気道炎のことであり、ほとんどの場合はウイルスが原因とされています。

症状は発熱、倦怠感、のどの痛み、咳、鼻水・鼻づまり、痰などです。

感冒症状についてはそれぞれ記事があります。こちらも参考にしてみてください。

発熱・頭痛
【発熱・頭痛】の症状がひどい時におすすめの総合風邪薬【市販薬】


【痰】の症状がひどい風邪におすすめの市販総合風邪薬【市販薬】


【咳】の症状におすすめの風邪薬〜市販の咳止めも紹介〜【市販薬】

のどの痛み
【のど】の症状におすすめの総合風邪薬!症状別解説つき【市販薬】

発熱、倦怠感、のどの痛み、咳、鼻水・鼻づまり、痰などの症状を感冒症状と呼び、したがって総合風邪薬のことを総合感冒薬と呼ぶこともあります。

総合風邪薬は上記諸症状に対して効果を発揮するものです。

1つの薬に何種類もの有効成分が配合されているため、1種類飲めば諸症状に効果があるというとても便利な薬です。

風邪になったらすぐ買うというのはもちろん、いざという時のために常備薬として風邪薬を持っておくというのも良いでしょう。

場合によっては症状が限定的なこともありますよね。

そんな時にも熱に特化、のどの痛みに特化など、各症状に特化した総合風邪薬もあります。

さて、総合風邪薬の中でハナ風邪におすすめの市販薬の選び方です。

簡単です。鼻症状に対する成分がたくさん入っている総合風邪薬を選びましょう。

総合感冒薬に使われる鼻水·鼻づまりに効果のある成分の代表的なものは以下です。

クレマスチンフマル酸塩
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩
プソイドエフェドリン塩酸塩
クロルフェニラミンマレイン酸塩
ベラドンナ総アルカロイド

ハナ風邪の時には上にある成分を複数配合した総合感冒薬を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

【鼻水・鼻づまりがひどい風邪】におすすめの市販風邪薬3選

それでは実際におすすめの市販薬の紹介です。
総合風邪薬であり、かつ鼻症状に対する成分が複数配合されているものをピックアップしました。
ランキング形式で3つ紹介します。

なお、ここで紹介する薬に共通ですが眠気が出ることがあります。車の運転等にはくれぐれもご注意ください。

第3位 ルルアタックNX

パッケージ記載の鼻水・鼻づまりといった鼻の症状への効果はもちろん、成分をしっかりみていくと発熱、痰、咳への効果も期待できることがわかります。
鼻に効く成分クレマスチンフマル酸塩ベラドンナ総アルカロイドが配合されています。

第2位 新ルルAゴールドDX

鼻に効く成分クレマスチンフマル酸塩ベラドンナ総アルカロイドが配合されています。
その他熱、咳、痰、喉の痛み・腫れへの効果も期待できます。

第1位 ベンザブロックLプレミアム

鼻に効く成分プソイドエフェドリン塩酸塩d-クロルフェニラミンマレイン酸塩が配合されています。
プソイドエフェドリン塩酸塩が配合されているという点が特におすすめな理由で、この成分は鼻粘膜の充血を抑え、鼻づまりを改善する作用があります。花粉症治療でも使われる薬です。
さらにその他配合されている成分も非常に優れており、イブプロフェン600mg、トラネキサム酸750mg、L-カルボシステイン750mg(いずれも1日量)は医師が処方していても全く不思議でないほど優れた内容です。
鼻づまり・鼻水以外にも、発熱、咳、痰、のどの痛みに対して高い効果が期待できます。

【症状が鼻水・鼻づまりだけの場合】にはこちらもおすすめ!おすすめ市販薬紹介

ここからは症状が鼻水・鼻づまりだけの場合におすすめの市販薬を紹介していきます。

症状が鼻水・鼻づまりだけという状態はおおまかに言うと鼻炎です。
鼻炎は鼻の粘膜に炎症が起きている状態です。その炎症が原因で鼻水・鼻づまり・くしゃみが症状としてでます。

なお鼻炎の中には慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、花粉症も含まれます。
花粉症はアレルギー性鼻炎の一種で、原因が花粉であるアレルギー性鼻炎と捉えることができます。

筆者の考えとして蓄膿症が疑われる場合には市販薬で解決しようとせず、受診していただくことが良いと思っています。なので蓄膿症が疑われる場合には早めに受診してください。

それでは早速おすすめの薬を紹介していきます。

おすすめの<配合錠>

アネトン アルメディ鼻炎錠

今回ここで紹介する中で唯一の配合剤(成分がいくつもある薬)です。このお薬には漢方成分も含まれています。
鼻炎に特化した商品で、鼻水・鼻づまりの症状への高い効果が期待できます。

おすすめの<抗ヒスタミン薬>(花粉症治療でよく使うお薬)

以下は成分が1種類で、抗ヒスタミン薬という種類に分類される市販薬であり、病院で花粉症の治療に使われることの多い薬です。
ここでは5つまとめて紹介します。
いずれも現在でも医師が頻繁に処方するお薬成分であり、効果もかなり期待できます。

アレグラFX
成分・・・フェキソフェナジン塩酸塩120mg(1日量)
アレジオン20
成分・・・エピナスチン塩酸塩20mg(1日量)
クラリチンEX
成分・・・ロラタジン10mg(1日量)
新コンタック鼻炎Z
成分・・・セチリジン塩酸塩10mg(1日量)
タリオンAR
成分・・・ベポタスチンベシル酸塩20mg(1日量)

紹介した5つの成分はいずれも抗ヒスタミン薬という種類に分類される抗アレルギー薬で、その中でも第二世代抗ヒスタミン薬と呼ばれている薬品群に分類されています。

これらの商品を花粉症の薬ランキングということで、ランキング形式で紹介した記事が下記です。是非参考にしてみてください。

抗ヒスタミン薬

ヒスタミンには血管拡張、血管透過性亢進作用などがあり、ヒスタミン受容体にくっつくことでこれらの効果を発現します。

鼻水やくしゃみ、かゆみなどはこのヒスタミンの効果により自覚症状として出てくると考えられています。

また、ヒスタミンはアレルギー反応を引き起こす神経伝達物質であるため、蕁麻疹等皮膚科系疾患の発現にも関与しています。

抗ヒスタミン薬の歴史は古く、「第二世代抗ヒスタミン薬」開発前に現在では「第一世代抗ヒスタミン薬」と呼ばれている薬たちが使われていましたが、第一世代では眠気が出やすいという弱点がありました。
第二世代抗ヒスタミン薬はこの「眠気がでやすい」という弱点が改善され、さらに薬の作用時間の持続化にも成功しました。

薬が長く効けば1日の服用回数は少なくてすみます
1日3回の服用が必要だったところ、1日2回や1日1回になるのは嬉しいですよね。

スポンサーリンク

【症状が鼻水・鼻づまりだけの場合】点鼻薬、漢方薬という手もある

ここでは内服の錠剤以外のお薬を紹介します。
紹介するのは点鼻薬漢方薬です。

点鼻薬は外用薬で、副作用が少なく効果を実感しやすいです。漢方薬は内服薬でありながら西洋薬(一般の薬のことをこう呼ぶ)と比較して副作用が少ないことから根強い人気があります。
いずれも一定数支持を得ているといえます。

おすすめの点鼻薬

最もおすすめなのはフルナーゼ点鼻薬です。

ステロイド成分の点鼻薬で、現在医療用でも同じ成分量のものが使われています。
市販薬の中では最強の点鼻薬と考えてください。

なお、こちらは現在要指導医薬品であり、薬剤師からでないと購入できません。

また、アンテドラッグステロイド配合の点鼻薬の例としてナザールαAR0.1%があります。こちらは登録販売者から購入できます。

おすすめの漢方薬

次に漢方薬の紹介です。ここでは鼻水が症状の中心である場合、鼻づまりが主な症状である場合にわけておすすめの漢方薬を紹介します。

鼻水の症状には小青竜湯がおすすめです。
花粉症治療で処方されることもある漢方薬です。

鼻づまりの症状には葛根湯加川芎辛夷がおすすめです。
医師が鼻症状に対して処方することのあるお薬です。

自分の症状にあった薬を選ぼう

最後まで読んでいただきありがとうございました。
いかがでしたでしょうか

今回は鼻の症状のきつい風邪、いわゆる「ハナ風邪」の時におすすめの総合風邪薬、そして症状が鼻だけの「鼻炎」の際におすすめの市販薬を紹介しました。

鼻症状が出た時、市販薬を選ぶ際に是非この記事を参考にしてみてください。

※服用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が飲んでも大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく服用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました