しもやけの原因や対策、おすすめの市販薬を紹介【飲み薬はビタミン剤】

市販薬
スポンサーリンク

冬に発生しやすいしもやけ

子どもに多いしもやけですが、できやすい人では大人になってからも毎年できるという人もいます。

今回は冬にできるしもやけについて原因と対策、おすすめの市販薬を紹介していきます

※お薬の使用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が使用しても大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

しもやけ以外の足の皮膚トラブルは下記記事も参考にしてみてください。代表的な足の皮膚トラブルに水虫と魚の目があります。これらはしもやけとは全くことなる機序で発症します。また、特に水虫は一見するとしもやけと患部の状態が似ている場合もあります。ですが発症の機序が異なるため使用する薬も全く異なりますので違いを理解しておきたいところです。

水虫
水虫におすすめの市販薬を薬剤師が紹介。【かゆみや臭いに効く成分配合の商品もあり】

魚の目
魚の目とは?原因と対策、市販薬での対応方法を紹介

スポンサーリンク

しもやけの概要

しもやけとは、冷え込む季節に体の末梢部分、特に足や手が赤紫色に腫れるものです。

足や手以外にも耳、頬、鼻などに生じることがあります。雪焼け(ゆきやけ)、霜腫れ(しもばれ)、霜朽ち(しもくち)などとと呼ばれることもあり、医学用語では凍瘡(とうそう)と言います。

子どもで発症しやすいものですが、大人が発症する場合もあります。

しもやけの原因

しもやけ外的刺激(寒冷刺激、大きな寒暖差)による血液循環の悪化が主な原因とされています。

ヒトは恒温動物であるため、ヒトの体には体温を調節する働きがあります。
例えば寒い時には血管を縮めて血流を減らすことで皮膚の表面温度を低く保ちます。これによって体内の熱を外に逃がさないようにしています。
また、暑い場合には血管を拡げて血流を増やし、皮膚の表面温度を上げたり、汗をかくことで熱を外へ放出します

こうした機能があるヒトの身体ですが、寒さと暖かさの繰り返しにより血管の収縮と拡張が繰り返されることで(度重なる寒冷刺激によって)血管が収縮し、結果として血液の循環に障害を来たし、皮膚に炎症が生じます。特に末梢の部位(手や足)では血液の流れを調節しづらくなり、末梢部位はしもやけの好発部位でもあります。

また、手足を濡れたまま放置すると、水分の蒸発に伴って皮膚が急激に冷やされ、これがしもやけの原因となる場合もあります。

その他血流悪化、遺伝的素因、喫煙、多汗、水仕事の頻度が高いこともしもやけの発生に関与していると言われています。

発生時期については真冬で1日中寒い時期よりは、1日の中で温度差が大きい時期(冬の初めや冬の終わり)で起こりやすいとされています。

しもやけの症状

しもやけは足や手といった血行が悪くなりがちな末梢部分や冬でも露出する耳、頬、鼻といった部位に発生しやすいです。入浴などで体が温まるとかゆみを強く感じるようになる特徴もあります。

患部は赤紫色~赤色に腫れ上がり、かゆみや痛みを伴います。ほとんどの場合1~3週間程度もしくは暖かくなってくると治癒しますが、症状がひどい場合には水ぶくれになったり、それが破れて潰瘍になったりすることもあります。

長い期間症状が続いていたり、暖かい季節にもしもやけの症状がある場合には別の病気の可能性もあるため早めに受診しましょう。

しもやけの症状には「樽柿型(たるがきがた)」と「多型紅斑型(たけいこうはんがた)」という2つのタイプ、あるいはこれらの中間のものがあります。

樽柿型(たるがきがた)

子どもによくみられる症状で、患部の指や手全体が熟れた柿のように腫れ上がるタイプ

多型紅斑型(たけいこうはんがた)

大人によくみられる症状で、指や手で部分的に赤く腫れる部位が複数発生するタイプ

しもやけに似た症状

しもやけと似た症状にひび・あかぎれ、凍傷があります。

ひび・あかぎれは冬の空気の乾燥に加えて水仕事などで皮膚の油分が失われることで皮膚にひび割れが生じるものです。

また、凍傷とは通常よりも著しく寒い環境(氷点下、冬の登山など)において皮膚組織が凍り破壊され生じるもので、一般的にはしもやけよりも重篤な症状です。患部が壊死することもあります。

スポンサーリンク

しもやけの対策

しもやけの対策は、原因を作らないことです。

しもやけの原因は下記のようなものです。

外的刺激(寒冷刺激、大きな寒暖差)
手足を濡れたまま放置
血流の悪化
喫煙
水仕事
多汗
遺伝的素因

これらについて対策することがしもやけの対策となります。

この中で対策ができそうなものは外的刺激(寒さ、大きな寒暖差)、手足を濡れたまま放置、喫煙、水仕事、多汗です。

外的刺激(寒冷刺激、大きな寒暖差)

刺激はしもやけの主たる原因です。対策は厚着やカイロの携帯、マッサージです。

外出時に気温を見て必要な厚着をすること、手袋や厚い靴下を着用することだけでも対策となるでしょう
その他耳あて、マスク、帽子、マフラーなどで通常露出する部分を覆う工夫も該当箇所のしもやけ発症対策として効果的です。
また、カイロの携帯もしもやけの対策には効果的でしょう。(カイロによる低温やけどにも十分注意しましょう)

そして自分のいる環境の温度設定も重要です。
どんなに自身で対策していても身をおく場所が寒いとやはりしもやけは発生しやすくなってしまいます。
自宅や職場の温度設定にも気をつかいましょう。

きちんと身体を保温することですでにできているしもやけの改善、発生の予防が期待できます。

おうちでできる他の対策としてお風呂に入る、患部をマッサージすることなどがあります。

お風呂に入る習慣がない方はお風呂に浸かるようにすると全身の血行がよくなり、しもやけ発生の予防ができるでしょう。

すでにしもやけが発生している場合では入浴により患部が痒くなることが多いです。何度もかいてしまうと患部の皮膚への刺激となるためかきすぎは注意です。

マッサージによっても血行を促進することができます。

ただし既にしもやけが発生している部位のマッサージは炎症を悪化させるおそれがあるため避けましょ

手足を濡れたまま放置

厚着、防寒により手や足が汗で蒸れたり、雪道で靴の中が濡れたりした場合は早めに取り替えましょう。そのまま放置すると水分の蒸発に伴って皮膚が急激に冷やされ、これがしもやけの原因となる場合もあります

血流の悪化

寒さ以外にも血流悪化の要因はあります。

代表的なのはきつい履き物を履くことです。

つま先が細いものや、ヒールの高い履き物は足を圧迫し、血流悪化の原因となります。

また、普通のシューズであってもしめつけの強いものはやはり血流悪化の原因となります。

しもやけの症状改善、発生予防のためにこれらの履き物の使用はなるべく控えましょう。

喫煙

喫煙は血管の収縮を招き、血液循環が悪くなります。喫煙はしもやけ以外の様々な疾患のリスクファクターとなるため禁煙することを推奨します。

水仕事

頻繁な水仕事は血液循環の悪化につながるおそれがあります。特に手のしもやけ発生の原因になり得ます。

水仕事の際はゴム手袋を着用するなどの対策をしましょう。

また、頻繁な水仕事はあかぎれの原因にもなり得ます。

あかぎれについては下記記事で解説しています。
あかぎれにおすすめの市販薬。ひどいときはステロイドを使用しましょう

多汗

多汗の方は、汗の出た部分が濡れた状態になることが多いため、しもやけが発生しやすい傾向があります。

こまめに拭き取ることで対応しましょう

現在医療用医薬品で多汗症の治療薬も存在します。多汗が気になる方は一度皮膚科医に相談してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

しもやけに効果が期待できる成分は?

すでにしもやけができている場合には、薬の使用を検討しましょう。

薬を使用する場合においても先に述べた対策も一緒におこないましょう。

また、すでにできている場合に患部を温める場合にはゆっくり温めることも必要です。急激に温めると末梢の血管が一気に拡張することでかえって症状が悪化する恐れがあります

しもやけの治療には主に血行促進剤抗炎症剤の2種類が使われます。

血行促進剤

しもやけの主たる原因は寒冷刺激などによる血流の循環障害です。血行促進剤はこうしたしもやけの原因にアプローチするお薬であり、しもやけを身体の構造から直していこうというお薬です。使用されることが多い血行促進剤はビタミンE製剤ヘパリン類似物質です。

ビタミンE製剤

医師がしもやけの診断をすると必ずといっていいほど処方されるお薬です。ビタミンEには内服薬と外用薬がありますが、特にしもやけを内服薬で治療ということになるとビタミンE一択といっても過言ではありません。(その他内服薬の治療選択肢としては漢方薬の使用が考えられます)

ビタミンEは、ビタミンの中でも水に溶けにくく油に溶けやすい「脂溶性」のビタミンに属します。脂溶性ビタミンはビタミンD、A、K、Eの4種類です。

ちなみに学生時代脂溶性ビタミンを覚えるゴロで「脂溶性ビタミンはこれDAKE(だけ)」というものがありました。

ビタミンEには血行促進作用以外にも作用があり、特に皮膚科の分野でのポジティブな作用が多いです。代謝促進作用があり「若返りのビタミン」とも呼ばれています。血行促進作用以外の効果の代表的なものは抗酸化作用代謝促進作用です。

抗酸化作用
抗酸化作用により様々な害を与える活性酸素から体を守る効果があります。例えば紫外線を浴びた皮膚では活性酸素が発生し、これが肌の老化につながることがあります。抗酸化作用のあるビタミンEはこの活性酸素を除去することで肌の老化を防止します。ビタミンEが「若返りのビタミン」と呼ばれるのも納得ですね。

新陳代謝促進
皮膚の新陳代謝を高めターンオーバーの乱れを改善する効果が期待できます。
乱れたターンオーバーが正常化することで、シミの原因となるメラニンの排出が促進されます。

ヘパリン類似物質

血行促進作用のある塗り薬です。この成分には血行促進作用以外に保湿作用もあり、皮膚科では非常によく使われるお薬です。

抗炎症剤

しもやけの症状が出ている患部に直接使用する目的で抗炎症剤(ステロイド剤)が処方されることが多いです。

これは既にあるしもやけの症状に対して使われるお薬で、原因にアプローチする血行促進剤とは考え方が異なります。

患部の皮が剥けていると抗生剤配合のステロイド剤が使用されることもあります。

市販のステロイド剤については下記の記事を参考にしてください。

参考・市販ステロイド軟膏(塗り薬)のおすすめを紹介【市販薬で最強なのはどれ?】

しもやけにおすすめのビタミン剤と塗り薬

前述の通りしもやけの内服薬として主に使われるのはビタミンE製剤です。

したがって市販薬でしもやけの対応をする場合には市販のビタミン剤の中でもビタミンEが豊富に配合されているものを選びましょう。

しもやけにおすすめのビタミン剤1.ユベラックス

おすすめのビタミン剤1つめはユベラックスです。

ユベラックスの成分は

d-α-トコフェロール(天然ビタミンE)・・・300mg

だけです。

シンプルな処方で、ビタミンEが必要なしもやけの時にはこの市販薬を強くおすすめします。

実は医療用医薬品で使われるビタミンE製剤はユベラという名前で、今回紹介するユベラックスと名前がほぼ一緒です。この医療用医薬品のユベラと、今回のユベラックスの販売元もエーザイで同一です。

しもやけにおすすめのビタミン剤2.ビトン–ハイECB2

ビトン-ハイECB2は名前の通りビタミンE、C、B2が配合されているお薬です。

配合量は下記の通りです。

酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)・・・300mg
アスコルビン酸(ビタミンC)・・・1000mg
リボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2酪酸エステル)・・・12mg

配合されている成分がビタミンE以外にもあることと、顆粒剤であることがユベラックスとの大きな違いです。

ビタミンCは肌をきれいにする効果のある栄養素、ビタミンB2も皮膚トラブル改善に効果があるとされる栄養素です。

しもやけにおすすめの塗り薬

症状がすでにあり塗り薬で治したい方には塗り薬がおすすめです。

市販薬の塗り薬で改善しない場合はより強い抗炎症剤を医師から処方してもらいましょう。

おすすめは市販の薬の中でも炎症を抑える効果の強いベトネベートN軟膏ASです。化膿止め配合のため皮がむけてしまっている場合にもおすすめできます。

なお、通常顔には使用しない強さの塗り薬なので顔以外の部位に使用するようにしましょう。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

今回はしもやけについて解説してきました。

寒い冬はただでさえ体が疲れがちです。そんな時のしもやけは辛いですよね。

市販薬で解決しようという方は今回紹介したお薬をためしてみてください。

繰り返しになりますが、長い期間症状が続いていたり暖かい季節にもしもやけの症状がある場合には別の病気の可能性もあるため早めに受診しましょう。

※お薬の使用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が使用しても大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました