おむつかぶれにおすすめの市販薬は酸化亜鉛とプロペト。ステロイドは使える?

市販薬
スポンサーリンク

乳児では必ずといった良いほどよくみられる肌トラブル「おむつかぶれ」。

おむつをかえる際に見ている大人の方が辛くなってしまう程真っ赤になってしまっている場合もありますよね。

乳児は意思表示が難しく、痛いのか、かゆいのかといったことに考えを巡らすだけでも育児疲労につながってしまう可能性もあります。

今回は、できる限り早く治してあげたいおむつかぶれにおすすめの市販薬を紹介します。

※お薬の使用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が使用しても大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

スポンサーリンク

おむつかぶれとは

おむつかぶれとは、新生児~幼児のお尻をはじめとしたおむつのあたる部分に生じる皮膚の炎症のことです。

おしり周り~外陰部、紙おむつの縁があたる太もも部分などが好発部位であり、患部は赤くなる、腫れる、ブツブツができる、カサカサしているといった見た目になります。悪化すると皮が剥がれてただれのような症状になることもあります。

便がゆるくなり便の回数が増えている時、外出等でおむつ交換の間隔が長くなる時、高温多湿でおむつ内が蒸れやすくなる夏などに発生しやすくなる傾向があります。

痛みやかゆみがあるため、おむつかぶれの部位をおしり拭きシートで拭くと嫌がる、お風呂のお湯が患部にしみるため入浴を嫌がるなどといった意思表示を患児が示すことも多いです。

スポンサーリンク

おむつかぶれの原因は?

おむつかぶれの原因として下記が挙げられます。

おしりに付着するおしっこやうんち
おしりを拭くときの摩擦
蒸れ
その他

おしりに付着するおしっこやうんち

おむつかぶれの原因として真っ先に考えられるのがおしっことうんちです。おむつ内のおしっこやうんちはおしりに付着します。

おしっこにはアンモニア等、うんちには腸内細菌といった皮膚を刺激する物質が含まれており、これらがおむつかぶれの原因となります。

また、おしっこやうんちをおむつの中に放置するとおむつの中の湿度があがり蒸れやすくなります蒸れもまた後述のようにおむつかぶれの原因となります。

おしりを拭くときの摩擦

おしり拭きでおしりを拭く際の摩擦もおむつかぶれの原因となります。

おむつ交換の際に清潔にしてあげたいと考えるのは当然のことですが、過度な拭き取りはかえって皮膚への強い刺激となりそれ自体がおむつかぶれの原因となってしまう場合があります

蒸れ

蒸れもおむつかぶれの原因となります。蒸れることで皮膚が弾力を失いふやけてしまい、これは刺激に弱いかぶれやすい皮膚の状態であると言えます

蒸れの要因として、まず高温多湿の夏場ではそれだけで蒸れやすい時期と言えます。その他蒸れの原因としては

①出先などでおしっこやうんちがおむつの中にある状態で長時間おむつを替えられない
②おしりが乾いてないうちにおむつをはかせる

などが考えられます。

その他

その他にもおむつかぶれの原因と考えられることがいくつかあります。

下痢

下痢便は、通常の便よりもアルカリ性物質を多く含んでいます。これがおしりに付着することで皮膚を刺激し、おむつかぶれの原因となります。また、便が柔らかい時は通常よりも排便回数が多くなる傾向があります。おしりの皮膚が通常の便よりも刺激の強い下痢便に、通常よりも頻繁に曝されるということです。そんなわけで下痢であることでおむつかぶれのリスクはかなり高まります。

赤ちゃんの皮膚が未熟

赤ちゃんの皮膚は大人の皮膚と比べて皮膚のバリア機能が弱くデリケートです。

おむつやおしり拭きシートとの相性

使用する衛生用品と赤ちゃんの肌の相性が悪いという可能性もあります。

肌に優しくないおむつやおしり拭きシートというのは基本的にありませんが(そんな商品は絶対に売れません)、個々人の肌に合う合わないはあるかもしれません。あらゆる対策をした上でおむつかぶれが改善しない場合にはおむつやおしり拭きシートとの相性が悪い可能性があります。一番最後に疑う項目として考えていいと思います。

カビ

まれにカビの一種であるカンジダが原因でおむつかぶれ様の皮膚炎を起こすことがあります。カビに対する治療薬は医師による処方が必要であるため受診をしましょう

スポンサーリンク

おむつかぶれの対策

おむつかぶれの対策では、まず可能な限り原因となる事柄を避けるように心がけましょう。基本的にはおしりを清潔に、蒸れを防ぎ、保湿も忘れずに、という対策になります。また、対策をしても改善しない場合には先ほども触れたカビが原因という可能性もあるため受診しましょう。

対策①おしっこやうんちの対策

対策の1つめは排泄物に関しての対策です。

当たり前のことですが、おしっこやうんちが出たらおむつはすぐに替えた方がおむつかぶれになりにくいです。

特に新生児の場合にはおしっこはもちろんうんちの場合もにおいで気づけないことが少なくありません。可能な限りおむつの中をこまめにチェックして、排泄を確認した時にはすぐにおむつを替えてあげることがおむつかぶれ予防につながります

おむつの中のおしっこやうんちはそれ自体がおむつかぶれの原因となるだけでなく、おむつ内の蒸れの原因となり、蒸れもまたおむつかぶれの要因となりますので排泄後はなるべく早くおむつを交換することが望まれます。

対策②おしりを拭く際の対策

おむつを頻繁に替えるということはおしりを拭く回数が増えるということになりますが、おしりを拭く際の摩擦もおむつかぶれの原因となりますので注意が必要です。

特にうんちを拭く際にごしごし拭いてしまいがちです。こするよりはお湯でしっかり洗い流す方が皮膚への刺激は少なくて済みます。そうはいってもうんちのたびにお風呂に行くのは大変ですよね。そこで筆者の育児経験談として、良かった対策がありますので紹介します。

100円ショップなどで販売されているたこ焼きなどのソース用で、出口の細くなっているボトルにお湯を入れて使うという方法です。

おむつ交換の際にお尻に向けてお湯を噴射し、お湯はおむつの下におちるという感じです。お湯でうんちをある程度落とし、あとは残ったうんちとお湯をおしり拭きシートで拭き取るだけです。

そして新しいおむつに履き替える前におしりをよく乾かすことも忘れないでください。乾かないうちにおむつを履くと蒸れの原因となります。

この方法は、排便回数とおむつ交換の回数が増えがちな軟便、下痢の際にも大変効果的です。

次に薬をおしりに塗っている場合ですが、おしっこのたびに薬を一緒に拭き取ると拭き取る回数が増え皮膚にかえって刺激となってしまうおそれがあります。うんちの時は薬も一緒に拭き取り清潔にする必要がありますが、おしっこの際は薬の上をなでる程度、特におしりかぶれに汎用される後述の酸化亜鉛(サトウザルベ、亜鉛華単軟膏、亜鉛華軟膏)のように硬い軟膏ではこの方法の方が皮膚にとって良いでしょう。おしりに塗った酸化亜鉛が皮膚を保護(皮膚の上に酸化亜鉛が乗っているイメージ)しているため酸化亜鉛の上についたおしっこは皮膚には接触しないためです。

対策③蒸れの対策

おむつ内の蒸れを対策することもおむつかぶれ抑制に効果的です。

蒸れを防ぐためには、排泄物がおむつに入った状態で長時間放置しない、入浴やおむつ替えでお湯を使用した場合にはよく乾かしてからおむつを履かせるといったことが効果的です。

対策④保湿

赤ちゃんの皮膚は大人の皮膚と比べて皮膚のバリア機能が弱くデリケートです。頻繁に、特にお風呂上がり等乾燥しやすいタイミングに保湿を行なうこともおむつかぶれ抑制につながると考えられます。

対策⑤使用するおむつやおしり拭きシートを見直す

こちらはおむつかぶれの原因のところでも触れましたが、基本的に肌によくないおむつやおしり拭きシートというものは無いと思われますので、対策においても一番最後に考える項目ということで良いです。あらゆる対策をしてもおむつかぶれが改善されない場合にはおむつやおしり拭きシートを変更してみるのも手かもしれません。

おむつかぶれに効果のある成分

おむつかぶれに使用する主たる成分として酸化亜鉛、プロペト、ステロイド外用剤があります。

酸化亜鉛

おむつかぶれといえば酸化亜鉛、というのは薬剤師の世界では共通認識かと思います。医療用では亜鉛華軟膏、亜鉛華単軟膏、あるいはサトウザルベといった名称のお薬のことです。

患部を保護し傷、患部の治りを良くする効果が期待されます。また、若干ですが抗炎症作用もあるとされています。

患部の浸出液を吸収、乾燥させる作用もあるためやけどの際にも使用される成分です。

プロペト

プロペトとはよく聞く「ワセリン」をさらに精製し不純物を減らしたものです。

老若男女問わず保湿、皮膚保護の目的で広く使用されるものです。

ワセリンとは石油を作る際の残油を精製して得られるものです。

精製の度合いに応じ以下のように名前がついています。

黄色ワセリン<白色ワセリン<プロぺト<サンホワイト

黄色ワセリンは現在ほとんど使われておらず、通常医療用としては白色ワセリン及びプロペトが汎用されます。

ちなみにサンホワイトプロペトよりも精製度の高いものですが、価格も高くなります。

調剤薬局勤務時の経験ですが、新生児に対してプロペトは頻繁に処方されます。しかも顔に塗布するということも多いです。これはプロペトが舐めても大丈夫なほどの精製度であり、したがって不純物も少ないためです。そこから考えると精製度に関してはサンホワイトまでいかなくとも、プロペト程度で十分と言えると思います。

今回白色ワセリンではなくプロペトをおすすめする理由は、医師が白色ワセリンを新生児に対して使うことが少ないからです。また、ただでさえ大人よりもデリケートな赤ちゃんの肌なので、より不純物が少なく刺激が少ないプロペトを推奨するのは理屈上も納得していただけるかと思います。(白色ワセリンがダメということではありません、プロペトがより良いということです)

ステロイドは使える?

おむつかぶれに対して医師がステロイド外用剤を処方することは少なくありません。むしろ症状がひどい場合では使うことが多い印象です。

ステロイド」とは、副腎という体内の臓器でつくられるホルモンのことで副腎皮質ホルモンとも呼ばれます。

このステロイドには優れた抗炎症効果があり、おむつかぶれで肌が荒れてしまっている場合以外にも皮疹、アトピー、肌荒れ、しもやけ、あかぎれ等の皮膚症状に外用薬として広く使われているものです。

医師がおむつかぶれに処方することのあるステロイド外用剤ですが、筆者の考えとしては、おむつかぶれに対して自己判断で市販薬のステロイド剤を使用することは推奨しません。理由は適切な強さのステロイド剤を選ぶことが難しい、カビが原因であった場合ステロイド剤の使用で症状が悪化するおそれがあるためです。

そのため今回の記事でもステロイド配合の市販薬の紹介は控えさせていただきます。

酸化亜鉛配合の塗り薬やプロペトを使用してもおむつかぶれが改善しない場合は受診することを推奨します。

なお、市販のステロイド外用剤については下記記事で解説していますのでご興味ある方はこちらもご覧ください。

参考・市販ステロイド軟膏(塗り薬)のおすすめを紹介【市販薬で最強なのはどれ?】

おむつかぶれにおすすめの市販薬

ここからはおむつかぶれにおすすめの市販薬を紹介していきます。

酸化亜鉛配合の市販薬

おむつかぶれにおすすめの酸化亜鉛配合の市販薬はポリベビーです。

まずポリベビーには5種類の成分が配合されていますが、ステロイドは不使用です。

ポリベビーの配合成分は下記の通りです。

ビタミンA油
エルゴカルシフェロール(ビタミンD2)
トリクロロカルバニリド(T.C.C)
ジフェンヒドラミン
酸化亜鉛

酸化亜鉛、ビタミンA油、ビタミンD2が患部の治りを助けます

トリクロロカルバニリドは殺菌成分、ジフェンヒドラミンはかゆみ止めです。

患部の殺菌、かゆみ止め、そして治りを早める、完璧な処方内容です。

匂いについては独特な匂いなので好みは分かれるかもしれません。

プロペト配合の市販薬

おむつかぶれにおすすめの塗り薬2つ目はプロペトです。市販薬ではプロペトピュアベールという商品があります。

すでにおむつかぶれが出来ている場合、プロペトは皮膚保護剤として患部を守り悪化を防ぎます。

また、予防目的で保湿剤としてプロペトを使うのも良いでしょう。あらゆる部位の保湿、皮膚保護に使えるため育児中では2本程度常備しておくのも良いでしょう。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうごうざいました。

いかがでしたでしょうか。

おむつかぶれはお薬で改善を目指せる症状です。

また、おむつかぶれの対策についても解説しましたが全てをおこなうのは大変です。ただでさえ母子ともにデリケートな時期ですので、無理せずできる範囲で対策をしてみてください

今回はおむつかぶれにおすすめの市販薬を紹介しました。

※お薬の使用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が使用しても大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました