肝斑とは?シミ・そばかすとの違いや肝斑改善効果の認められた市販薬を解説

市販薬
スポンサーリンク

女性ホルモンの乱れが主たる原因である肝斑は顔に出るため女性にとって大きな問題となることがあります。

今回は肝斑について解説した上でおすすめの市販薬を紹介します。

※お薬の使用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が使用しても大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

スポンサーリンク

肝斑の概要

肝斑は、一般的に「シミ」と呼ばれているものの一種です。

肝斑のシミの色は薄茶色で、通常は両頬(特に目尻のすぐ下~頬上部辺り)を中心として左右対称に症状がでます。シミの出方は、鼻やあごのあたりまで広がることもあれば、左右対称でない場合もあります。

肝斑ができるメカニズムは全て解明されているわけではありませんが、男性よりも女性に多い症状で、女性ホルモンの乱れが主たる原因であると考えられています。ホルモン剤の服用(ピル等)、更年期、妊娠、出産、ストレスなどが女性ホルモンのバランスに影響します。

症状がみられるのは主に30代頃からで、50歳代後半、閉経とともに肝斑は薄くなる、もしくは消失する傾向にあるとされています。

対策としてはホルモンバランスが乱れないよう睡眠不足、ストレスなどを避けることがあげられます。そして肝斑はシミの一種であるため紫外線対策も重要です。

スポンサーリンク

肝斑とシミ・そばかすの違いは?

「シミ」と呼ばれるもののうち、特徴的な症状のものは固有の名前を持っています。シミの中でもメジャーな存在なものの1つが今回解説している肝斑です。

その他多いものとして「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」と「雀卵斑(じゃくらんはん)」があります。これらは後述するように原因、症状ともに肝斑とは異なります。症状ごとの原因や対策を知った上で、まずは今ある症状が何に分類されるかを知ることが肌トラブルの対策をするための第一歩となります。

シミ・そばかすにおすすめの市販薬については下記記事を参考にしてください。
シミ・そばかすにおすすめの飲み薬ランキング【市販薬】

老人性色素斑(シミ)

老人性色素斑はシミの中でも最も多いもので、一般に「シミ」といえばこの老人性色素斑を指すことも多いです。

老人性色素斑の原因はメラニンという物質です。紫外線などの刺激により生成されたメラニンは、肌の新陳代謝であるターンオーバーにより排出されますが、加齢やストレス等によりターンオーバーが正常に行なわれなくなることでメラニンが蓄積します。

肌の新陳代謝であるターンオーバーについては下記の記事で解説しました。
肌のターンオーバーとは?ターンオーバーの意味と乱れる原因、対策を解説

老人性色素斑の症状は20代頃から見られることも少なくないですが、特に加齢にともないメラニンが蓄積することで目立つようになってくる症状であるため「老人性色素斑」と呼ばれます

主な原因が紫外線などの外的刺激であるため、顔以外の日光の当たりやすい部位(腕、手の甲など)でもみられることがあります。

症状については薄い茶色境界が明確である形や大きさは不定形であるといった特徴があります。

主たる原因が紫外線と考えられているため、最も多くみられるシミではありますが、最も対策がしやすいシミともいえます。

雀卵斑(そばかす)

肝斑と似た症状で「雀卵斑」と呼ばれるものもあります。一般的には「そばかす」という名称で広く知られています。

小さな点がたくさんできるという特徴があり、この点1つ1つが雀の卵のように見えることから医学用語では「雀卵斑」と呼ばれます。

肝斑や老人性色素斑が加齢とともに目立つようになるのに対して、そばかすは子どもの頃からでき始め、症状のピークは思春期頃と言われています。その後少しずつ薄くなり、成人ではほとんど気にならなくなることもあります。

そばかすの主な原因は遺伝的素因であるとされており、親にそばかすがある場合は子どもにもそばかすができる可能性があります。また、紫外線により悪化し濃くなるためそばかすの症状に対しても紫外線対策が重要です。

日本人では白人と比較するとそばかすの頻度は少ないと言われていますが、色白で日焼けをしやすい人では症状が見られることがあります。

スポンサーリンク

肝斑におすすめの市販薬はトランシーノⅡ

ここから肝斑におすすめの市販薬「トランシーノⅡ」を紹介します。

トランシーノⅡ肝斑を改善する効果が認められた唯一のOTC医薬品です。配合成分は下記の通りです。いずれも1日量です。

トラネキサム酸 750mg
L-システイン 240mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 300mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)6mg
パントテン酸カルシウム(ビタミンB5) 24mg

肝斑に対する効果が認められているトラネキサム酸の他にも皮膚にとって良い栄養素が配合されています。

各成分について以下解説します。

なお、トランシーノⅡに配合されている成分以外にも美容に用いる成分はたくさんあります。
美容目的でよく使われる成分は下記記事にまとめてありますので気になる方はこちらもチェックしてみてください。
美容効果が期待できる成分一覧【アスコルビン酸、L-システインなど】

トランシーノⅡ配合成分①トラネキサム酸

トラネキサム酸は肝斑改善に効果があるとされている成分で、トランシーノⅡのメインの成分です。

肌が紫外線などにより刺激を受けると、メラニンを生成する細胞であるメラノサイトを活性化するプラスミンやプロスタグランジンという物質が産生されると考えられています。そしてメラニン生成に必須であるチロシナーゼという酵素が生成され、このチロシナーゼがチロシンと反応し、最終的にメラニンを生成します。

トラネキサム酸にはプラスミンの生成・増加抑制、プロスタグランジンの生成抑制、及びチロシナーゼ活性阻害作用があるため、結果としてメラニン生成を抑制する効果が期待できます。

実は医療用医薬品としてトラネキサム酸は皮膚科領域以外でも汎用されています。医療用ではトランサミンという商品名で知られています。

適応は多岐にわたり、止血剤として、喉の炎症を抑える薬として(市販の総合感冒薬にも配合されていることがあります)、あるいは蕁麻疹の治療に使われたりします。これら多くの疾患、症状への効果はトラネキサム酸の抗プラスミン作用によります。

トランシーノⅡ配合成分②L-システイン

L-システインはアミノ酸の一つで、皮膚以外に髪などにも存在しています。
L-システインの働きは下記のようなものです。

メラニン色素生成抑制
ターンオーバーの促進
コラーゲン生成の補助
抗酸化作用
肝臓の解毒作用

メラニン色素生成抑制

メラニン色素とはシミの原因となるものです。

L-システインは、紫外線などによる刺激を受けてからメラニンが生成する過程において、チロシナーゼの生成や働きを阻害することでメラニンの生成を阻止します。

メラニン生成の過程は前述のトラネキサム酸の解説を参照してください。

ターンオーバーの促進

肌の生まれ変わり(皮膚の新陳代謝)のことをターンオーバーといいます。

L-システインはこのターンオーバーを正常化し、生成されたメラニン色素を体外に排出させる作用があります。

コラーゲン生成の補助

肌のハリや弾力の維持に重要なコラーゲンはタンパク質の一種です。

L-システインはコラーゲンの生成を促します。

抗酸化作用

紫外線やストレスなどが刺激となり体内で産生される活性酸素は、シミやシワなどの肌トラブルの原因になります。

L-システインはこの活性酸素を取り除く「抗酸化作用」を有しています。

解毒作用

L-システインには肝臓内での有害物を解毒する作用もあります。

例えばアルコールを分解する酵素の働きを助ける効果があります。

トランシーノⅡ配合成分③アスコルビン酸(ビタミンC)

アスコルビン酸(ビタミンC)は体内で多くの酸化還元反応に関与している栄養素であり、肌においては抗酸化作用、メラニン色素の生成抑制、コラーゲンの生成促進の役割などを担います。

抗酸化作用

皮膚においては、紫外線などの刺激により活性酸素類が発生します。アスコルビン酸の抗酸化作用によりこの活性酸素類を除去する働きが期待されます。

メラニン色素の生成抑制

皮膚が紫外線を浴びると、細胞や組織で活性酸素が発生し、これが原因でメラニンを生成する細胞であるメラノサイトでのメラニン生合成が促進されます。

メラノサイト内において、メラニンに変化するのはチロシンというアミノ酸です。

このチロシンがドーパ、ドーパキノンとなり、最終的にメラニンが生成されますが、アスコルビン酸が存在するとドーパキノンがドーパに再還元され、最終的なメラニン生成に至らないとされています

また、アスコルビン酸には既にできてしまっているメラニンを薄くする効果もあるとされます。これはアスコルビン酸の還元作用によるものです。

コラーゲンの生成促進

コラーゲンとは、骨や腱、血管壁など人体の様々な部位で必要な結合組織です。

また、肌のハリや弾力の維持に重要な物質です。

コラーゲンの主要な成分はヒドロキシプロリンと呼ばれるもので、これはプロリンというアミノ酸から生成されます。

アスコルビン酸はプロリン→ヒドロキシプロリンの反応を促進することでコラーゲンの生成を促進します。

トランシーノⅡ配合成分④ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

ビタミンB6は水溶性ビタミンであるビタミンB群の一種であり、体内でのアミノ酸や脂質の代謝に補酵素として関わっています。また、皮膚や粘膜の正常化維持にも関わっています。

脂肪の代謝や皮脂のターンオーバーを促進してくれる働きもあるため特にニキビに効果的です。

用途としては皮膚科におけるニキビ治療以外にも口内炎の治療、肌荒れの改善や美容目的などで使用されます。

口内炎については別の記事で解説しています。
口内炎におすすめのビタミンB2、B6を含む市販薬ランキング

トランシーノⅡ配合成分⑤パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

パントテン酸(ビタミンB5)は身体の中での糖質、タンパク質、脂質の代謝にかかせない重要な成分です。

皮膚科領域においては、皮膚の健康維持に関与することが知られており、皮膚の新陳代謝を促す作用を期待して用いられます。

トランシーノⅡ服用の際の注意点。どのくらい飲み続ければいい?

トランシーノⅡの服用に際しては必ず医薬品使用時の注意事項に目を通してご自身の服用が問題ないことを確認した上で服用してください。

ここではトランシーノⅡ特有の注意事項を紹介します。

トランシーノⅡ服用にあたって相談することして3つ特有の記載があります。

「55歳以上の人」
「血栓症のある人(脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎、肺塞栓症等)」
「血栓症を起こすおそれのある人(以前に血栓症にかかったことがある人、家族が血栓症を起こした人、医師から先天性の凝固異常症を指摘されたことがある人、経口避妊薬・ホルモン補充療法などの血栓症を起こすおそれのある薬を服用している人)」

「55歳以上の人」については肝斑が閉経後改善する傾向にあるため相談する事項として記載されていると考えられます。

その他の血栓関係の記載については、トラネキサム酸に止血剤としての働きがあることが記載されている理由であると考えられます。

いずれも重要な事です。

その他の注意事項にも必ず目を通してから服用を開始しましょう。わからないことがあれば購入時に薬剤師に遠慮なく相談しましょう。

また、前述の通りトランシーノⅡのメイン成分であるトラネキサム酸には喉の炎症を抑える作用があります。そのため総合感冒薬に配合されていることがあり、医師が風邪に対して処方することもあります。風邪などで市販の総合感冒薬を服用する際、あるいは病院を受診する際にはトランシーノⅡを服用中であることを市販薬の販売者または受診する医師に伝えてください。

そして重要な効果が実感できる時期ですが、メーカーの公式サイトによれば8週間の服用継続で高い効果が期待できるようです。美容系の薬は肌のターンオーバーが4週間〜6週間周期であるため、一般に短期間(例えば3日間等)での効果を期待するものではありません。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

今回は肝斑について、シミ・そばかすとの違いを解説した上でおすすめの市販薬であるトランシーノⅡについて解説しました。

市販薬で肝斑の改善を目指す方はトランシーノⅡを使ってみてはいかがでしょうか。

※お薬の使用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が使用しても大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました