ロキソニンSクイックの特長を解説。【2021年8月下旬販売開始】

ロキソニン
スポンサーリンク

いまや国民的痛み止めといっても過言ではないロキソニンSシリーズ。

頭痛・生理痛がある時にはとりあえずロキソニンを服用するという方も多いのではないでしょうか。

今回はロキソニンSシリーズの中でも最も最近登場した新商品「ロキソニンSクイック」について解説していきます。

※服用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が飲んでも大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく服用しましょう。

ロキソニンについては他にも記事がありますので下記記事も是非参考にしてみてください。

・市販薬ロキソニンSシリーズを徹底比較【眠気注意のものは?】

・痛み止めロキソニンSを飲み過ぎると効かなくなるって本当?【市販薬】

・頭痛に市販薬ロキソニンSが効かない場合って?片頭痛なの?

・ロキソニン服用時に稀にある副作用【腎臓・むくみ】

・ロキソプフェン含有の市販薬〜価格・特長などを徹底比較〜

スポンサーリンク

ロキソニンSシリーズ概要(ロキソニンSクイック発売まで)

まずはロキソニンSの概要です。

今回は内服薬にしぼって解説していきますが、ロキソニンには外用薬もあります。外用薬については下記記事を参考にしてください
ロキソニンテープ100mg(50mg)の効果・副作用等を解説

ロキソニンSシリーズに含有されているロキソプロフェンナトリウム水和物は、元々は1986年に医療用医薬品 ロキソニン錠 として日本で発売されました。

このロキソプロフェンナトリウム水和物は非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)と呼ばれる成分の一種で、第一三共株式会社(旧・三共株式会社)により創製されました。

NSAIDsは、体内で酵素の一種であるシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することでプロスタグランジン(PG)という生理活性物質の生成を阻害し作用を発現します。

効果としては解熱鎮痛。副作用として主に胃腸障害や腎機能障害があります。

ロキソニンが医療用医薬品として広く使われたのち、2011年1月21日に商品名「ロキソニンS」の市販薬としての販売が開始されました。

主成分ロキソプロフェンナトリウム水和物が医療用ロキソニンと同量入っていて、効果も医療用のロキソニンと同等です。

その後「ロキソニンS」はシリーズ化され、2015年6月22日に胃に優しい成分を配合した「ロキソニンSプラス」、2016年4月11日には鎮痛効果を高める成分を配合した「ロキソニンSプレミアム」が発売されました。

そして2021年8月下旬、即効性を追求した「ロキソニンSクイック」が販売開始されました。

スポンサーリンク

シリーズラインナップとの類似点

ここではロキソニンSクイックと、その他のロキソニンSシリーズの類似点を比較してみます。

まずは比較表をご覧ください。

ロキソニンSシリーズの最新商品ロキソニンSクイックの最大の特長は効果が早くでること。これは、シリーズの他商品よりも錠剤が崩壊するまでの時間が短いことに起因しています。錠剤はそのままでは体に吸収されません。吸収されて効果を発揮するためにはまず錠剤が崩壊する必要があります。

今回のロキソニンSクイックは、この崩壊までにかかる時間がシリーズのほかの商品よりも短いため、効果発現が速くなることが期待できる、そういう商品です。

また、速効性と同時に胃を保護する成分 メタケイ酸アルミン酸マグネシウム 配合のためロキソニンSプラス、ロキソニンSプレミアムと同様胃にやさしい処方と言えるでしょう。

価格は1回あたりの金額でロキソニンSプラスよりも高価でロキソニンSプレミアムよりも安価です。

ロキソニンSシリーズについてまとめた過去記事もご参考ください。
・市販薬ロキソニンSシリーズを徹底比較【眠気注意のものは?】

スポンサーリンク

ロキソニンSクイックの特長

ロキソニンSクイックの特長をまとめます。

①シリーズ内で最も速効性が期待できる
②効果の程度はロキソニンS、ロキソニンSプラスと同程度
③胃にやさしい(ロキソニンSプラス、ロキソニンSプレミアムと同等)
④価格は1回あたり73円。ロキソニンSプラスよりも高価でロキソニンSプレミアムよりも安価

「今すぐに効いてほしい」「1秒でも速く」という時にはおすすめです。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
いかがでしたでしょうか。
今回はロキソニンSシリーズの新商品「ロキソニンSクイック」について紹介しました。

最大の特長は速効性です。1秒でも早く痛みから解放されたい時におすすめのお薬といえるのではないでしょうか。

今回の記事が皆様のお薬選びの参考になれば幸いです。

※お薬の使用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が使用しても大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました