胃腸症状におすすめの市販の漢方薬を薬剤師が紹介【六君子湯、安中散など】

市販薬
スポンサーリンク

漢方薬の胃薬と聞いて多くの人が思い浮かべるのは太田胃散ではないでしょうか。

太田胃散の「ありがとう、いいくすりです」のフレーズはお馴染みですね。

今回は市販の漢方薬の中で胃腸症状に効果のあるものを紹介します。

※お薬の使用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が使用しても大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

スポンサーリンク

漢方の概要

漢方薬漢方
漢方薬は、漢方医学の理論に基づいて処方される薬のことです。生薬(しょうやく)と呼ばれる植物や動物、鉱物などを2種類以上組み合わされて作られたもので、特に植物の根や樹皮、果実などが生薬として頻繁に用いられます。

漢方とは漢方薬を用いた治療だけでなく、鍼灸、薬膳、整体などを含めた医学を意味します

漢方は奈良時代に伝来した古代中国医学を基本とするもので、その後日本で独自に発展・実践されてきた医学です。

そもそも「漢方」は、西洋医学を「蘭方」と名付けたのに対して、日本で名付けられた呼び名です。

漢方医学と西洋医学の違い

ところで漢方医学(東洋医学)と西洋医学の違いは何でしょうか。

それは病気の捉え方です。

捉え方が異なるため治療のアプローチも異なります。

例えば「足が痛い」という人について考えてみましょう。

西洋医学では「足の痛み」に対して痛み止めが処方されるでしょう。
これは、「痛み」という病気にフォーカスしているためです。

一方漢方医学においては「痛みの原因は何か」という観点で「痛み」という病気・症状だけでなく、痛みが出ている原因、身体(心も含む)全体で何が起きているかといったことにアプローチして、治療法を提案してきます。
例えば身体のゆがみが原因で足の痛みが出ているのであればゆがみを治す、といったようにです。

ここから西洋医学では「病気」自体を、漢方医学では「病気になっている人」を評価、診断すると言えます。

このように「病気」の捉え方に違いがあります。

どちらが優れているということではないですが、上記のように考え方は両者で異なります。

」については漢方薬と西洋薬で少し似たところがあります。

漢方薬は生薬から成るもの、西洋薬は化学的に合成した成分です。

西洋薬について、初めて化学的に合成された成分は「アセチルサリチル酸」であり、「アスピリン」という名前で広く知られています。すでに100年以上の長い歴史を持つ薬です。

このアセチルサリチル酸の元となった物質はサリチル酸で、19世紀にヤナギの木から分離されました

世界で初めて人工合成により作られた医薬品であるアスピリンアセチルサリチル酸)も、元々はヤナギから分離された自然由来の「サリチル酸」がきっかけとなっています。

漢方薬西洋薬も元を辿れば自然という共通項があるのです。

そう考えると一見して相反している漢方薬と西洋薬は、広い意味では同じ「薬」と言えるのではないでしょうか。

漢方医学における診断、漢方の概要等は下記の記事で詳しく解説しました。漢方医学の診断は独特な世界観で非常に読み応えのあるものになっておりますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

市販の漢方胃腸薬おすすめ1.六君子湯【胃の機能を正常化】

それではここからおすすめの漢方薬の紹介です。

まずは六君子湯というお薬の紹介です。

六君子湯は胃の諸症状(胃もたれ、食欲不振、慢性的な胃炎)におすすめです。

下記配合生薬を見ていくと、「胃の機能を正常化する」ということを主眼としたお薬であることがわかります。

ストレスや暴飲暴食その他の要因で胃が弱っていると感じた時におすすめのお薬です。

配合生薬
ニンジン、ソウジュツ、ブクリョウ、ハンゲ、チンピ、タイソウ、カンゾウ、 ショウキョウ

ニンジン(人参)···オタネニンジンの細根を除いた根を乾燥したもの、又はこれを軽く湯通しし乾燥したものです。胃腸の衰弱による新陳代謝機能低下を改善する目的で用いられます。食欲不振、消化不良、嘔吐、下痢、疲労改善などに効果があるとされています。

ソウジュツ(蒼朮)···健胃、整腸、利尿の効能があります。水分の代謝異常や消化器系の不調などに用いられています。類似の生薬にビャクジュツ(白朮)があります。

ブクリョウ(茯苓)···利尿、消化機能亢進、鎮静、の効果があり、食欲不振、消化不良、動悸、不眠などに用いられます。

ハンゲ(半夏)···吐き気止め、去痰、鎮静などのはたらきがあります。のどのつかえの症状によく使われる半夏厚朴湯にも配合されています。また、鎮静作用があるため不眠などの精神症状にも用いられます。

チンピ(陳皮)···ミカン科のウンシュウミカン、マンダリンオレンジなどの成熟した果皮を乾燥させものです。
健胃、去痰、吐き気止めなどの効能があります。芳香性健胃薬として消化不良、食欲不振などの胃の不調を取り除くのに用いられています。

タイソウ(大棗)···漢字で書くと大棗(タイソウ)=大きな棗(なつめ)であり、なつめの果実を乾燥させたものです。強壮、鎮痛、筋肉の緊張による疼痛、腰痛などに用いられます。
また、他のお薬の効果を調和させる効果があり、多くの漢方薬に配合されています。

カンゾウ(甘草)···極めて甘い。甘い草で甘草です。含有するグリチルリチン酸という有効成分は抗炎症剤として用いられます。ステロイドホルモンの一種に分類され、優れた抗炎症·鎮痛作用を示します。風邪薬にも使われ、有名な葛根湯にも配合されています。

ショウキョウ(生姜)···ショウガ科のショウガの根茎を乾燥させたものです。薬味のショウガです。発汗、健胃などの効能があり、矯味、食欲増進薬として用いられます。また、新陳代謝を促進するものです。

スポンサーリンク

市販の漢方胃腸薬おすすめ2.安中散【胃痛に】

次におすすめしたいのが安中散というお薬です。

こちらも配合生薬を1つ1つみていくと胃の諸症状への効果があり、特に「胃痛」に対して効果が期待できることがわかります。

主な症状が胃痛である場合にはこちらの安中散がおすすめです。

配合生薬
ケイヒ、エンゴサク、ボレイ、ウイキョウ、カンゾウ、シュクシャ、リョウキョウ

ケイヒ(桂皮)···鎮痙、鎮静、発汗、解熱作用、血圧下降。末梢血管拡張、心収縮力増強などがあります。
また、シナモンの匂いがすることから、芳香性健胃薬に使われることがしばしばあります。

エンゴサク(延胡索)···鎮痛鎮痙の効果があり、痛み(胃痛、頭痛、月経痛など)に対して用いられます。

ボレイ(牡蛎)···イタボガキ科のカキの貝殻です。精神による症状(不安、動悸、不眠など)に用いられます。精神的不調による不眠や動悸などの諸症状に柴胡加竜骨牡蛎湯という漢方薬が使われることがあります。この漢方薬には名前にもある通り、ボレイが配合されています。

ウイキョウ(茴香)···痛み改善、血行改善などの効能があります。芳香が強く、芳香性健胃薬として胃痛などに用いられています。

カンゾウ(甘草)···極めて甘い。甘い草で甘草です。含有するグリチルリチン酸という有効成分は抗炎症剤として用いられます。ステロイドホルモンの一種に分類され、優れた抗炎症·鎮痛作用を示します。風邪薬にも使われ、有名な葛根湯にも配合されています。

シュクシャ(縮砂)···健胃、整腸の効果があります。芳香が強く、芳香性健胃薬として食欲不振、下痢などに用いられています。

リョウキョウ(良姜)···ショウガ科のコウリョウキョウの根茎を乾燥させたものです。胃の機能亢進、鎮痛、冷え改善の効果があります。
芳香が強く、芳香性健胃薬として胃痛、嘔吐、消化不良などの胃の諸症状に用いられています。特に冷えを伴った胃痛、腹痛などの改善に向いています。

市販の漢方胃腸薬おすすめ3.胃苓湯【冷え腹の下痢・軟便に】

次におすすめのお薬は胃苓湯というお薬です。

胃苓湯冷えで下痢や便が柔らかい方におすすめです

胃苓湯は、消化不良などに用いられる平胃散と、水分循環の改善を期待して、はき気、むくみなどの症状があるときに用いられる五苓散を組み合わせたものです。五苓散は二日酔いに使うこともあります。

配合生薬は下記の通りです。

配合生薬
ソウジュツ、コウボク、チンピ、チョレイ、タクシャ、ビャクジュツ、ブクリョウ、ケイヒ、タイソウ、ショウキョウ、カンゾウ

ソウジュツ(蒼朮)···健胃、整腸、利尿の効能があります。水分の代謝異常や消化器系の不調などに用いられています。胃苓湯には類似生薬ビャクジュツ(白朮)も配合されています。

コウボク(厚朴)···整腸、健胃、去痰、などの作用があります。腹部の張り、消化不良、咳などに用いられています。

チンピ(陳皮)···ミカン科のウンシュウミカン、マンダリンオレンジなどの成熟した果皮を乾燥させものです。
健胃、去痰、吐き気止めなどの効能があります。芳香性健胃薬として消化不良、食欲不振などの胃の不調を取り除くのに用いられています。

チョレイ(猪苓)···下痢止め、利尿作用などがあり、むくみ、排尿障害、下痢などに用いられます。膀胱炎や排尿障害といった泌尿器系の症状に対して猪苓湯という漢方薬がよく使われます。

タクシャ(沢瀉)···下痢止め、利尿作用などがあり、めまい、むくみ、排尿障害、めまいなどに用いられます。

ビャクジュツ(白朮)···健胃、整腸、利尿の効能があります。水分の代謝異常や消化器系の不調などに用いられています。胃苓湯には類似生薬のソウジュツ(蒼朮)も配合されています。

ブクリョウ(茯苓)···利尿、消化機能亢進、鎮静、の効果があり、食欲不振、消化不良、動悸、不眠などに用いられます。

ケイヒ(桂皮)···鎮痙、鎮静、発汗、解熱作用、血圧下降。末梢血管拡張、心収縮力増強などがあります。
また、シナモンの匂いがすることから、芳香性健胃薬に使われることがしばしばあります。

タイソウ(大棗)···漢字で書くと大棗(タイソウ)=大きな棗(なつめ)であり、なつめの果実を乾燥させたものです。強壮、鎮痛、筋肉の緊張による疼痛、腰痛などに用いられます。
また、他のお薬の効果を調和させる効果があり、多くの漢方薬に配合されています。

ショウキョウ(生姜)···ショウガ科のショウガの根茎を乾燥させたものです。薬味のショウガです。発汗、健胃などの効能があり、矯味、食欲増進薬として用いられます。また、新陳代謝を促進するものです。

カンゾウ(甘草)···極めて甘い。甘い草で甘草です。含有するグリチルリチン酸という有効成分は抗炎症剤として用いられます。ステロイドホルモンの一種に分類され、優れた抗炎症·鎮痛作用を示します。風邪薬にも使われ、有名な葛根湯にも配合されています。

市販の漢方胃腸薬おすすめ4.止逆清和錠【胸焼け、胃痛に】

次に紹介するのは止逆清和錠(シギャクセイワジョウ)です。

止逆清和錠には、消化吸収を促進する牛胆汁エキス末、胃酸を中和するボレイ、胃腸機能を改善するカンゾウ・ケイヒ・ショウキョウ・オウバクといった生薬が配合されているお薬です。

胃酸の逆流などによる胸焼け、胸のつかえ、胃もたれなどへの効果が期待できます

市販の漢方胃腸薬おすすめ5.太田胃散【胃の諸症状に】

お待たせいたしました、次に紹介するのは太田胃散です。この薬はご存知の方がほとんどですね。

ドラッグストア勤務経験のある筆者の感想としては、漢方の胃薬で販売数は圧倒的No.1です。それはもう圧倒的です。国民的胃薬ですね。

太田胃散の成分は下記の通りです。

・胃を元気にする健胃生薬(ケイヒ、ウイキョウ、ニクズク、チョウジ、チンピ、ゲンチアナ、ニガキ末)
・出過ぎた胃酸を中和する制酸剤(炭酸水素ナトリウム、沈降炭酸カルシウム、合成ケイ酸アルミニウム)
・消化を助ける消化酵素(ビオヂアスターゼ)

意外に思われるかもしれませんが、太田胃散には制酸剤がしっかり入っています
さらに消化酵素も配合されています。
こうしてみてみると信頼されて購入され続ける理由がわかりますね。
まさに「ありがとう、いいくすりです」ですね。

太田胃散暴飲暴食による胃の諸症状への効果が期待できます。

市販の漢方胃腸薬おすすめ6.大正漢方胃腸薬【胃の諸症状に】

次に紹介するのは大正漢方胃腸薬です。
こちらも商品名は比較的有名ですね。

大正漢方胃腸薬の成分は下記です。

安中散(ケイヒ、エンゴサク、ボレイ、ウイキョウ、シュクシャ、カンゾウ、リョウキョウ)
芍薬甘草湯エキス(シャクヤク、カンゾウ)

大正漢方胃腸薬は太田胃散とは異なり成分は漢方のみです。

安中散」「芍薬甘草湯」というのは製剤名です。

安中散(あんちゅうさん)は慢性的な胃もたれや胃痛など、まとめて言うと「胃の不調」に医師がよく処方するお薬です。特にストレス性の場合に使われることが多いです。

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)は筋肉の痙攣に伴う痛み、とくにこむら返りにしばしば処方されるものです。
漢方は長く服用することで体質改善を促し、症状を改善していくというお薬という認識の方が多いかと思いますが、この芍薬甘草湯については即効性があることが知られます。そのため急性の腰痛・腹痛などにも使われます。

今回の大正漢方胃腸薬ではそれぞれ安中散は「本来の胃の働きを取り戻す目的」、芍薬甘草湯は「胃の緊張をほぐす目的」で配合されています。

大正漢方胃腸薬は全体的な胃の不調(胃もたれ、不快感、食欲不振)への効果が期待できそうですね。

市販の漢方胃腸薬おすすめ7.恵命我神散s【胃の諸症状に】

最後に紹介するのは恵命我神散s(けいめいがしんさん)です。

こちらは聞き慣れない方も多いかもしれませんが、ドラッグストア勤務時に人気だという実感があったため紹介します。

恵命我神散sの成分は以下の2つです。

莪蒁(ガジュツ)末
真昆布末

ガジュツ末…胃の働きを活発にして、胆汁分泌を促進し、脂肪の消化を高める

真昆布末…消化管粘膜を保護する

ガジュツ独特の芳香と苦み、清涼感があるのが特徴です。

味が苦手な方向けに細粒タイプもありますが、漢方は匂い、味も薬の一部と考えることもできるため通常の散タイプをおすすめしたいです。

こちらも全体的な胃の不調(胃もたれ、不快感、食欲不振など)への効果が期待できます。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。
いかがでしたでしょうか。

今回は漢方薬の中でも胃腸の症状に効果のあるお薬にフォーカスし、おすすめのお薬を紹介してきました。

胃腸症状の改善が見られない場合、古くから使われている漢方薬を一度試してみるのはいかがでしょうか。
もしかしたら抜群に相性が良いということもあるかもしれません。

ただし、長い間症状が改善しない場合は胃潰瘍などの病気の可能性もあるため速やかに受診しましょう。

今回の記事を胃腸薬選択の参考にしていただけると幸いです。

※お薬の使用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が使用しても大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

なお漢方以外の胃薬に関しても記事を書いていますのでご興味ある方は覗いてみてください。
参考・市販薬胃薬で薬剤師がおすすめする最強の胃薬【選び方も解説】

タイトルとURLをコピーしました