更年期障害におすすめの市販の漢方薬【加味逍遙散、桂枝茯苓丸など】

市販薬
スポンサーリンク

女性であればほぼ必ず経験する更年期の症状。

身体が突然あつくなったり汗がとまらなくなったりするホットフラッシュは比較的有名な症状ですね。

今回は女性特有の更年期の症状に効果が期待できる市販の漢方薬を紹介していきます。

※お薬の使用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が使用しても大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

なお、漢方薬の概要については別の記事でかなり気合を入れて解説していますのでこちらも是非参考にしてみてください。
漢方における診断。証とは?気血水、五臓(五行)についても解説

スポンサーリンク

更年期障害の概要

更年期とは女性の閉経前後の10年間のことで、50歳頃に閉経する方が多いためおおよそ45歳~55歳くらいの期間を指します。

更年期には、卵巣の機能が衰え、それに伴い女性ホルモンの分泌も減少します。このホルモン分泌の低下に身体が対応できないために様々な症状が発現します。

更年期に発現する症状を更年期症状、症状が重く日頃の生活に支障が出る場合を「更年期障害」と言います。

更年期の期間は子育てや介護、仕事でストレスのかかる役職であることも少なくないです。こうしたことによる精神的ストレスも相まって症状が重くなる場合もあります。

スポンサーリンク

更年期障害の原因は?

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌は脳の視床下部下垂体によりコントロールされています。

更年期にはこの下垂体から女性ホルモン分泌の命令が出ても、卵巣の機能が衰えてくるため、十分な女性ホルモンが分泌されづらくなります

十分量の女性ホルモンが分泌されないために、下垂体はさらに分泌の命令を出します。ですが、ホルモンはやはり分泌されにくいため、次第に司令を出している脳がパニックを起こします

視床下部は自律神経にも関わる器官であるため、上記のようなパニックにより自律神経系のトラブルが生じるようになります。

以上が更年期症状や更年期障害の原因です。

スポンサーリンク

更年期障害の症状

症状には個人差があります。

症状は程度の軽いものから生活に支障が出るほど重い症状まであります。しかし中には身体の不調をほとんど感じない方もいます。

前述のように更年期では仕事・プライベートともに何かとストレスのかかりやすい時期でもあり(子育て、介護、仕事での重役など)、ストレスも相まって症状が重くなることもあります。

主な症状は下記の通りです。

動悸、息切れ、のぼせ感・ほてり感(ホットフラッシュ)、発汗異常など
頭痛、腰痛、肩こり、冷え、貧血、イライラ感、不安・不眠、意欲低下、情緒不安定、めまい、耳鳴り、抜け毛など

中でもホットフラッシュは良く知られていますね。

ホットフラッシュとは更年期に女性の半数以上の方が経験されるといわれています。

症状は突然体が熱くなる、顔が急激に赤くなる、同期、汗が止まらないなどで、症状は長くても5分程度ということが多いようです。

原因はやはり自律神経のコントロール不良であり、血管の収縮/拡張のコントロールがうまくできないために起こります。

また、更年期特有の抜け毛はホルモンバランスの急激な変化によると言われています。

女性特有の薄毛・抜け毛については下記記事で解説しましたのでご興味ある方はこちらも覗いてみてください。

更年期障害におすすめの漢方薬3選

それではここから更年期の症状におすすめの市販の漢方薬を紹介していきます。

今回紹介するのは女性向けの三大漢方とも言われている、当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸です。(ちなみに漢方薬についている番号でもこの3つは23、24、25と非常に記憶しやすいです)

更年期障害におすすめの漢方薬1.加味逍遥散

まずはじめに紹介するのは加味逍遙散です。

更年期の症状は不定愁訴も多く、症状が1つに定まらないこともままあります。

加味逍遙散は構成生薬が多く、様々な症状に効果が期待できるため、これ!という症状はないけれど調子が悪いという時にまずは服用してみるという選択ができます

また、不安や不眠といった精神症状が強い場合にはおすすめです。

加味逍遙散の構成生薬
トウキ、シャクヤク、ビャクジュツ、ブクリョウ、サイコ、ボタンピ、サンシシ、カンゾウ、ショウキョウ、ハッカ

構成生薬それぞれについては下記の通りです。

トウキ(当帰)・・・月経不順等婦人科疾患で使用されます加味逍遙散以外に当帰芍薬散にも配合されています。

シャクヤク(芍薬)・・・抗けいれん・血管拡張などの効果があり、血行不良を原因とした痛みや凝り、痙攣に用いられます。婦人科三大漢方薬の当帰芍薬散桂枝茯苓丸にも配合されています。

ジュツ(ソウジュツ:蒼朮またはビャクジュツ:白朮・・・健胃、整腸、利尿の効能があります。水分の代謝異常や消化器系の不調などに用いられています。

ブクリョウ(茯苓)・・・利尿、消化機能亢進、鎮静、の効果があり、食欲不振、消化不良、動悸不眠などに用いられます。婦人科三大漢方薬の当帰芍薬散桂枝茯苓丸にも配合されています。

サイコ(柴胡)・・・解熱鎮痛、消炎薬。鎮静作用もあります。滋養強壮薬、精神神経用薬に配合されていることが多いです。

ボタンピ(牡丹皮)・・・鼻血、下血、月経不順などに用いられます。血液循環を改善し、うっ血を改善するものです。加味逍遙散以外にこの後紹介する桂枝茯苓丸にも配合されています。

サンシシ(山梔子)・・・消炎、利胆、解熱、鎮静の効果があります。皮膚疾患、尿路疾患、精神疾患への処方に配合されることが多いです。

カンゾウ(甘草)・・・極めて甘い。甘い草で甘草です。含有するグリチルリチン酸という有効成分は抗炎症剤として用いられます。ステロイドホルモンの一種に分類され、優れた抗炎症・鎮痛作用を示します。風邪薬にも使われ、有名な葛根湯にも配合されています。

ショウキョウ(生姜)・・・ショウガ科のショウガの根茎を乾燥させたものです。薬味のショウガです。発汗、健胃などの効能があり、矯味、食欲増進薬として用いられます。また、新陳代謝を促進するものです。

ハッカ(薄荷)・・・独特な香りがあり清涼感があります。ハッカはご存知ですね。解熱、健胃、鎮痛作用があります。薄荷油は筋肉痛などの外用薬の原料、歯みがき粉、お菓子等にも用いられます。

更年期障害におすすめの漢方薬2.桂枝茯苓丸

次に紹介するのは桂枝茯苓丸です。

桂枝茯苓丸がおすすめのケースはずばり、そこそこ元気ではあるが、ほてりやのぼせなどの症状が強い場合です。

その他肩こりめまいなどの更年期症状にも効果が期待できます。比較的元気、弱っていない場合には桂枝茯苓丸がおすすめです。

桂枝茯苓丸の構成生薬
ケイヒ、ブクリョウ、ボタンピ、トウニン、シャクヤク

構成生薬それぞれについては下記の通りです。

ケイヒ(桂皮)・・・鎮痙、鎮静、発汗、解熱作用、血圧下降。末梢血管拡張、心収縮力増強などがあります。

また、シナモンの匂いがすることから、芳香性健胃薬に使われることがしばしばあります。有名な太田胃散にも配合されています。

ブクリョウ(茯苓)・・・利尿、消化機能亢進、鎮静、の効果があり、食欲不振、消化不良、動悸、不眠などに用いられます。婦人科三大漢方薬の当帰芍薬散加味逍遙散にも配合されています。

ボタンピ(牡丹皮)・・・鼻血、下血、月経不順などに用いられます。血液循環を改善し、うっ血を改善するものです。桂枝茯苓丸以外に加味逍遙散にも配合されています。

トウニン(桃仁)・・・桃の種子を乾燥させたものです。漢方的には、血液障害改善、排膿の作用があり、月経障害などに用いられています。

シャクヤク(芍薬)・・・抗けいれん・血管拡張などの効果があり、血行不良を原因とした痛みや凝り、痙攣に用いられます。婦人科三大漢方薬の当帰芍薬散加味逍遙散にも配合されています。

更年期障害におすすめの漢方薬3.当帰芍薬散

最後に紹介する漢方薬は当帰芍薬散です。

体力が低下している実感があり、冷え症の場合におすすめの漢方薬です。

その他肩こりめまい貧血等の症状にも効果が期待できます。

冷えている場合には当帰芍薬散です。

当帰芍薬散の構成生薬
トウキ、センキュウ、シャクヤク、ブクリョウ、ソウジュツ、タクシャ

構成生薬それぞれについては下記の通りです。

トウキ(当帰)・・・婦人科系疾患で頻用されます。当帰芍薬散以外に加味逍遙散にも配合されています。

センキュウ(川芎)・・・セリ科のセンキュウの根茎を乾燥させたものです。活血、止痛などの効能があり、婦人薬、冷えに対しての処方などによくみられます。血行をよくし、身体のバランスを整えます。貧血、月経不順、月経痛、冷え性などに用いられています。

シャクヤク(芍薬)・・・抗けいれん・血管拡張などの効果があり、血行不良を原因とした痛みや凝り、痙攣に用いられます。婦人科三大漢方薬の加味逍遙散桂枝茯苓丸にも配合されています。

ブクリョウ(茯苓)・・・利尿、消化機能亢進、鎮静、の効果があり、食欲不振、消化不良、動悸、不眠などに用いられます。婦人科三大漢方薬の加味逍遙散桂枝茯苓丸にも配合されています。

ソウジュツ(蒼朮)・・・健胃、整腸、利尿の効能があります。水分の代謝異常や消化器系の不調などに用いられています。類似の生薬にビャクジュツ(白朮)があります。

タクシャ(沢瀉)・・・下痢止め、利尿作用などがあり、めまい、むくみ、排尿障害などに用いられます。

 まとめ

最後まで読んでくださりありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

今回紹介した婦人科の三大漢方薬を選びやすいようにおおまかにいうと

比較的元気で身体がほてっている場合→桂枝茯苓丸
身体が冷えて弱っている場合→当帰芍薬散
中間、不定愁訴の場合→加味逍遙散

です。

市販薬で更年期症状の緩和を目指す場合には今回の記事を参考にしてみてください。

なお市販薬で症状が改善しない場合には一度受診してみることを推奨します。

今回は更年期障害におすすめの漢方薬を紹介しました。

※お薬の使用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が使用しても大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

更年期障害以外でもイライラすることはあります。イライラにおすすめの漢方薬を紹介した記事がありますのでこちらも是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました