蓄膿症におすすめ!市販の漢方薬2種類を紹介【葛根湯加川芎辛夷・荊芥連翹湯】

市販薬
スポンサーリンク

漢方の歴史は長く、日本には奈良時代に伝来しました。

古代中国医学を基本とするもので、その後日本で独自に発展・実践されてきました

歴史の長い漢方薬は現代においても様々な場合に使用されています。

今回は漢方の概要を示した上で、具体的な症状として蓄膿症に効く漢方薬を紹介していきます

※お薬の使用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が使用しても大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

スポンサーリンク

漢方の概要

漢方薬漢方
漢方薬は、漢方医学の理論に基づいて処方される薬のことです。生薬(しょうやく)と呼ばれる植物や動物、鉱物などを2種類以上組み合わされて作られたもので、特に植物の根や樹皮、果実などが生薬として頻繁に用いられます。

漢方とは漢方薬を用いた治療だけでなく、鍼灸、薬膳、整体などを含めた医学を意味します

漢方は奈良時代に伝来した古代中国医学を基本とするもので、その後日本で独自に発展・実践されてきた医学です。

そもそも「漢方」は、西洋医学を「蘭方」と名付けたのに対して、日本で名付けられた呼び名です。

漢方の基本は “病気ではなく病人をみる” という考え方にあります。

漢方医学と西洋医学の違い

漢方医学(東洋医学)と西洋医学の違いは何でしょうか。

それは病気の捉え方です。

捉え方が異なるため治療のアプローチも異なります。

例として「足が痛い」という人について考えてみましょう。

西洋医学では「足の痛み」に対して痛み止めが処方されるでしょう。
これは、「痛み」という病気にフォーカスしているためです。

一方漢方医学においては「痛みの原因は何か」という観点で「痛み」という病気・症状だけでなく、痛みが出ている原因、身体(心も含む)全体で何が起きているかといったことにアプローチして、治療法を提案してきます。
例えば身体のゆがみが原因で足の痛みが出ているのであればゆがみを治す、といったようにです。

ここから西洋医学では「病気」自体を、漢方医学では「病気になっている人」を評価、診断すると言えます。

このように「病気」の捉え方に違いがあります。

どちらが優れているということではないですが、上記のように考え方は両者で異なります。

」については漢方薬と西洋薬で少し似たところがあります。

漢方薬は生薬から成るもの、西洋薬は化学的に合成した成分です。

西洋薬について、初めて化学的に合成された成分は「アセチルサリチル酸」であり、「アスピリン」という名前で広く知られています。すでに100年以上の長い歴史を持つ薬です。

このアセチルサリチル酸の元となった物質はサリチル酸で、19世紀にヤナギの木から分離されました

世界で初めて人工合成により作られた医薬品であるアスピリンアセチルサリチル酸)も、元々はヤナギから分離された自然由来の「サリチル酸」がきっかけとなっています。

漢方薬西洋薬も元を辿れば自然という共通項があるのです。

そう考えると一見して相反している漢方薬と西洋薬は、広い意味では同じ「薬」と言えるのではないでしょうか。

漢方医学における診断、漢方の概要等は下記の記事で詳しく解説しました。

スポンサーリンク

「蓄膿症」とは

蓄膿症は別名慢性副鼻腔炎といい、副鼻腔炎の一種です

副鼻腔炎は、様々な理由で鼻の奥の副鼻腔という場所に炎症生じる病気です。

風邪やアレルギーなどで鼻の症状が出る際に鼻水が出ます。また粘膜が腫れる鼻炎の症状が併発することもあります。

この鼻水や鼻炎により、副鼻腔と鼻の間にある自然口と呼ばれる通り道が塞がれる
→分泌物・異物の副鼻腔からの排泄が困難になる
膿がたまる

こうした経緯で起こるのが副鼻腔炎です。

発症から4週間以内の副鼻腔炎を急性副鼻腔炎

3ヵ月以上症状が続くものを慢性副鼻腔炎(蓄膿症)といいます。

蓄膿症の原因

風邪(インフルエンザ)、アレルギー性鼻炎(花粉症など)、咽頭炎、扁桃炎、虫歯、歯周病などによるウイルスまたは細菌の侵入が副鼻腔炎蓄膿症)の原因と考えられています。また、喘息などのアレルギー疾患にかかっている方でも発症しやすいといわれています。

蓄膿症の症状

蓄膿症を含む副鼻腔炎の症状は下記のようなものです。

副鼻腔に膿がたまる
粘り気を帯びた黄色い鼻水が出る
鼻炎症状(鼻づまり)
鼻汁が嫌な臭いになる

その結果として、下記のような症状もでます。

鼻づまりによる息苦しさ
頭痛や顔面痛、歯痛(副鼻腔内の膿が顔面を圧迫するため)
いびき、睡眠不足
においを正常に感じ取れなくなる(嗅覚障害)

また、悪化すると鼻茸と呼ばれる鼻腔内のポリープができることもあります。

蓄膿症に似た症状で例えば花粉症で見られる水っぱな(鼻水)があります。こちらについては今回紹介する以外の漢方薬がおすすめです。下記記事で解説しています。

スポンサーリンク

蓄膿症に効く漢方はこれ

ここからは蓄膿症への効果が期待できる漢方薬を紹介していきます。

今回紹介するのは2種類の漢方薬です。

葛根湯加川芎辛夷

葛根湯加川芎辛夷は蓄膿症をはじめとした鼻症状に使われる漢方薬です。

蓄膿症に使う漢方薬といえば?と薬剤師に質問したら十中八九、葛根湯加川芎辛夷と答えると思います。そのぐら蓄膿症に対してよく使われています。

下記配合生薬をみていくと、全体として、冷えで停滞した循環を改善していこうというお薬ということが見えてきます。

配合生薬
カッコン、タイソウ、マオウ、カンゾウ、ケイヒ、シャクヤク、シンイ、センキュウ、ショウキョウ

カッコン(葛根)・・・鎮痙、解熱作用があります。また、下痢、筋肉の緊張、などにも用いられます。最も有名な漢方薬の1つである葛根湯の名は広く知られていますね。

タイソウ(大棗)・・・漢字で書くと大棗(タイソウ)=大きな棗(なつめ)であり、なつめの果実を乾燥させたものです。強壮、鎮痛、筋肉の緊張による疼痛、腰痛などに用いられます。
また、他のお薬の効果を調和させる効果があり、多くの漢方薬に配合されています。

マオウ(麻黄)・・・強そうな名前ですね。マオウには発汗、鎮咳などの効能があります。身体を温める効果があり、インフルエンザの患者にマオウがメインの漢方薬麻黄湯が処方されることがあります。
また、マオウにはエフェドリンという成分が含まれています。エフェドリンはドーピング検査の規制物質に指定されているので、スポーツ大会に出るときなどは注意が必要です。有名な葛根湯にも配合されています。

カンゾウ(甘草)・・・抗炎症・鎮痛で優れた作用があり、風邪薬にも使われます。有名な葛根湯にも配合されています。

ケイヒ(桂皮)・・・鎮痙、鎮静、発汗、解熱作用、血圧下降。末梢血管拡張、心収縮力増強などがあります。
また、シナモンの匂いがすることから、芳香性健胃薬に使われることがしばしばあります。有名な太田胃散にも配合されています。

シャクヤク(芍薬)・・・抗けいれん・血管拡張などの効果があり、血行不良を原因とした痛みや凝り、痙攣に用いられます。月経不順等婦人科疾患に頻用される当帰芍薬散は比較的有名ですね。名前にも「芍薬」とありますが、当帰芍薬散にはシャクヤクが配合されています。

シンイ(辛夷)・・・解熱鎮痛の効能があり、鼻炎や蓄膿症、風邪症状に使われます。

センキュウ(川芎)・・・セリ科のセンキュウの根茎を乾燥させたものです。活血、止痛などの効能があり、婦人薬、冷えに対しての処方などによくみられます。血行をよくし、身体のバランスを整えます。貧血、月経不順、月経痛、冷え性などに用いられています。

ショウキョウ(生姜)・・・ショウガ科のショウガの根茎を乾燥させたものです。薬味のショウガです。発汗、健胃などの効能があり、矯味、食欲増進薬として用いられます。また、新陳代謝を促進するものです。

荊芥連翹湯

荊芥連翹湯蓄膿症をはじめとした慢性鼻炎、それ以外にはニキビなどにも使われる漢方薬です。

配合生薬を見ていくと、全体的に熱をとり(解熱作用)、排膿(膿を出す)する、というイメージの生薬が多いです。

配合生薬
オウゴン、オウバク、オウレン、キキョウ、キジツ、ケイガイ、サイコ、サンシシ、ジオウ、シャクヤク、センキュウ、トウキ、ハッカ、ビャクシ、ボウフウ、レンギョウ、カンゾウ

オウゴン(黄芩)・・・消炎・解熱の効果があり、炎症や熱性の疾患、腹痛などに用いられます。

オウバク(黄柏)・・・健胃整腸を目的として胃腸薬として使われます。

オウレン(黄連)・・・味は極めて苦く、苦味健胃薬として使われます。食欲不振、腹痛、下痢などの胃腸症状に効果があります。また、鎮静の効果もあり不眠などにも用いられます。

キキョウ(桔梗)・・・去痰、排膿などの効能があり、咳、痰やのどの痛みなどに用いられます。扁桃炎で桔梗が配合されている桔梗湯が用いられるのは有名な話です。

キジツ(枳実)・・・ミカン科のダイダイ、ナツミカンなどの未熟果実を乾燥させたものです。健胃、便通改善などの効能があり、胸のつかえ、腹痛、腹部膨満感、便秘などに用いられます。

ケイガイ(荊芥)・・・のどの痛み、発熱などの風邪症状などに用いられます。また、皮膚疾患に用いられます。荊芥連翹湯はニキビに対しても用いられる漢方薬です。

サイコ(柴胡)・・・解熱鎮痛、消炎薬。鎮静作用もあります。滋養強壮薬、精神神経用薬に配合されていることが多いです。

サンシシ(山梔子)・・・消炎、利胆、解熱、鎮静の効果があります。皮膚疾患、尿路疾患、精神疾患への処方に配合されることが多いです。

ジオウ(地黄)・・・補精、強壮作用があります。血行不良によるしびれ、鼻出血、子宮の出血、前立腺肥大などに用いられています。夜間頻尿に使われることのある八味地黄丸という漢方薬にも配合されています。

シャクヤク(芍薬)・・・抗けいれん・血管拡張などの効果があり、血行不良を原因とした痛みや凝り、痙攣に用いられます。月経不順等婦人科疾患に頻用される当帰芍薬散は比較的有名ですね。名前にも「芍薬」とありますが、当帰芍薬散にはシャクヤクが配合されています。

センキュウ(川芎)・・・セリ科のセンキュウの根茎を乾燥させたものです。活血、止痛などの効能があり、婦人薬、冷えに対しての処方などによくみられます。血行をよくし、身体のバランスを整えます。貧血、月経不順、月経痛、冷え性などに用いられています。

トウキ(当帰)・・・婦人科系疾患で頻用されます。月経不順等婦人科疾患で使用される当帰芍薬散加味逍遙散にも配合されています。

ハッカ(薄荷)・・・独特な香りがあり清涼感があります。ハッカはご存知ですね。解熱、健胃、鎮痛作用があります。薄荷油は筋肉痛などの外用薬の原料、歯みがき粉、お菓子等にも用いられます。

ビャクシ(白芷)・・・発汗、血行改善、鎮静、鎮痛、排膿作用などがあります。頭痛、神経痛、風邪症状などに用いられます。

ボウフウ(防風)・・・発汗、解熱、鎮痛作用があります。

レンギョウ(連翹)・・・消炎、解熱、排膿などの効果があります。化膿性の病気(蓄膿症やニキビ)に使われます。

カンゾウ(甘草)・・・抗炎症・鎮痛で優れた作用があり、風邪薬にも使われます。有名な葛根湯にも配合されています。

市販薬が効かない場合は?

蓄膿症で市販薬の効果が実感できない場合は早めに受診をしてください。

蓄膿症の薬物治療では、抗生剤1日1回を長期間服用するケースが多いですが、抗生剤の飲み薬は市販されておりません

そのため病院で通常行なう薬物療法を市販薬で再現、対応することは基本的にはできません

症状が続く場合には医師から適切なお薬を処方してもらいましょう。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

今回は漢方薬の中でも蓄膿症に効果があるとされているものを紹介しました。

蓄膿症かも?と思った場合は今回紹介させていただいたお薬をまずは服用してみるのも手かもしれません。

もちろん症状が改善しない場合には受診し、適切なお薬を処方してもらいましょう。

※お薬の使用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が使用しても大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました