市販薬胃薬で薬剤師がおすすめする最強の胃薬【選び方も解説】

市販薬
スポンサーリンク

一年に数回はある胃の不調。

ドラッグストアではたくさんの胃薬が販売されていますね。

今回は薬剤師である筆者が、数ある市販薬胃薬の中で個人的におすすめしたい商品を紹介していきます。

胃薬購入の参考にしてみてください。

※お薬の使用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が使用しても大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

スポンサーリンク

市販薬胃薬の概要

ひとことで胃薬といっても、薬によってその作用は様々。

種類の多い胃薬ですが、市販の胃薬は大きく8つに分類することができます。

図にある通り市販の胃薬は大きく8つに分けることができます。

・胃酸の分泌を抑える「胃酸分泌抑制薬
・胃の粘膜を保護する「胃粘膜保護薬
・胃の筋肉のけいれんを和らげる「鎮痙剤
・胃の痛み止め「オキセサゼイン
・胃酸を中和する「制酸剤
・消化不良に効果的な「消化酵素剤
・昔から使われている「漢方薬
・胃腸の働きを調節する「トリメブチン

市販薬にはこれらを複数配合した総合胃薬や、例えば消化酵素剤だけといったある効果に特化した商品があります。

今回は数ある市販の胃薬の中から薬剤師である筆者がおすすめするものを紹介していきます

市販の胃薬8種類については下記の記事でそれぞれ詳しく解説しています。

スポンサーリンク

胃薬の選び方は?

胃薬を選ぶ際、みなさんは何を基準にしているでしょうか?

「商品パッケージと自分の症状を照らし合わせて」
「いつも使っている薬」

こういう方が多いのではないでしょうか。

ここでは筆者が考える胃薬の選び方を解説していきます。

主に3タイプに分類します。

1.胃酸による症状(主として胸焼け)
2.暴飲暴食やストレスなどによる胃の諸症状(胃もたれ、食欲不振、吐き気、胸焼け)
3.急な胃痛

1.胃酸による症状の場合

ストレスや慢性的な暴飲暴食が原因で胃酸が過剰に分泌されていることで胸焼けを始めとした諸症状がでることがあります。

朝起きた時に口の中が酸っぱかったり、あるいは咳がでたり(胃酸が刺激となって咳がでる)。

その他食後にいつも胃酸が込み上げる感じ、空腹時にのどのつかえを感じたりする場合には胃酸過多が疑われます。

胃酸のpHは1.0~1.5の強酸性ということはご存知でしょうか?嘔吐した際に酸っぱく感じるのはこのためです。

身近なもののpH
水・・・pH7.0くらい
炭酸水・・・pH4.5~5.0くらい
料理で使うお酢・・・pH~3.0くらい
コーラ・・・pH2.2くらい

胃酸がいかに強酸性かわかりますね。

強酸性の胃酸の逆流が原因で胸焼けの症状が出ることがあります。

このように胃酸は食べ物の消化に際して必要ですが、過剰に出ると「胃の粘膜を攻撃する因子」となります。

こういった場合には胃酸分泌抑制薬を選択しましょう。

2.暴飲暴食やストレスなどによる胃の諸症状の場合

暴飲暴食では、それによる胃酸の過剰分泌、消化しきれない飲食物が胃に残ることによる胃もたれ、過度に胃に負担をかけることによる胃の粘膜の損傷が考えられます

ストレス下においては胃の機能が弱ることで、原因は異なるものの暴飲暴食の際と似たような症状が出ることがあります。胃はストレスに弱い臓器というのは多くの方が実感あるところだと思います。

こういった場合には胃粘膜保護薬、制酸剤、消化酵素剤を配合する総合胃薬を選択しましょう。

3.急な胃痛の場合

差し込みや胃痙攣による痛みには下記のお薬がおすすめです。

1.胃の筋肉のけいれんを和らげる「鎮痙剤」
2.局所麻酔作用のある胃の痛み止め「オキセサゼイン」

胃痙攣とは

胃痙攣」は胃壁の筋肉層が緊張し、胃が痙攣しているように感じることです。

胃痙攣による胃痛は、胃の粘膜が荒れて生じる胃炎の痛みと異なり、急激に痛み始めます

胃痛以外にも吐き気や嘔吐などの症状も引き起こすことがあります。

胃痙攣の原因で最も多いとされているのがストレスです

他にも胃炎、胃潰瘍その他胃がん等重大な疾患が原因として考えられます。

症状がずっと続いている場合には受診しましょう。

スポンサーリンク

【薬剤師のおすすめする最強の胃薬】胃酸による症状の時

胃酸による症状(主に胸焼けや胃痛)の場合におすすめなのはガスター10です。

ガスター10は市販薬の中で胃酸分泌抑制効果が最強です。

「胃酸を抑えたい」という場合にはほぼほぼ市販薬ではガスター10一択と言っても過言ではありません。

なお、ガスター10は第1類医薬品のため薬剤師から購入する必要があります。

ガスター10を服用後も症状が改善しない場合には早めに受診しましょう。

逆流性食道炎など医師による治療が必要な場合があります。

なお、胸焼けについては下記記事で解説しました。食べ過ぎの翌日は胃の粘膜が荒れたり、胃酸がいつもより多くなることなどで胸焼けの症状が出ます。胃酸過多の場合市販薬を使用するとなればやはりガスター10がおすすめです。

【薬剤師のおすすめする最強の胃薬】暴飲暴食・ストレスなどによる胃の諸症状の時

暴飲暴食・ストレスなどによる胃の諸症状が出ている場合、

・摂取したものが消化しきれていない
・暴飲暴食やストレスなどが原因で胃酸の量が増えている
・消化不良で胃の粘膜が荒れている

という状況が考えられます。

ここから考えると

・消化を助ける消化酵素
・過剰にでている胃酸を中和する制酸剤
・荒れた胃粘膜を保護する胃粘膜保護薬

以上が含まれているお薬が適当と考えられます。

こういう場合におすすめしたいのはスクラート胃腸薬Sです。

スクラート胃腸薬Sの成分は下記の通りです。

胃粘膜保護薬(スクラルファート水和物)
7つの健胃生薬(ウイキョウ、ウコン、ケイヒ、ゲンチアナ、サンショウ、ショウキョウ、チョウジ)
制酸成分(炭酸水素ナトリウム、合成ヒドロタルサイト)
消化酵素(ビオヂアスターゼ2000、リパーゼAP12)

胃粘膜保護薬・・・スクラート胃腸薬Sの主成分スクラルファート水和物には胃粘膜保護作用・胃粘膜修復作用があります。暴飲暴食やストレスで荒れた胃の粘膜を保護、修復する効果が期待できます。

健胃生薬・・・胃の機能(運動、分泌、消化)を高める生薬です。
制酸剤・・・胃の粘膜を攻撃する因子である胃酸を中和します
消化酵素・・・消化を助ける成分です。胃もたれの際には消化を促す消化酵素が配合されていることが重要です。

スクラート胃腸薬Sは、暴飲暴食やストレスによる胃の諸症状に対して必要な成分が過不足なく、バランスよく配合されています。

暴飲暴食による症状で最も日常的なものは食べ過ぎた翌日の胃もたれではないでしょうか。スクラートSは胃もたれに対してももちろん優れた効果が期待できます。胃もたれについては下記記事で解説しました。

【薬剤師のおすすめする最強の胃薬】急な胃痛の時

差し込みや胃痙攣による急な痛みには下記のお薬がおすすめです。

1.胃の筋肉のけいれんを和らげる「鎮痙剤」
2.局所麻酔作用のある胃の痛み止め「オキセサゼイン」

胃の筋肉のけいれんを和らげる「鎮痙剤」

鎮痙剤とは馴染みのない言葉ですが簡単です。痙攣(けいれん)を鎮(しず)める薬のことです

市販薬で鎮痙剤というとブスコパンAがあります。

医療用医薬品でも「ブスコパン」という名称で販売されている、名前の知れたお薬です。

特に胃痙攣が原因の胃痛とわかる場合にはおすすめです

局所麻酔作用のある胃の痛み止め「オキセサゼイン」

急な差し込み、原因不明の胃痛におすすめの市販薬は胃の痛み止めである「オキセサゼイン」を主成分とするお薬です。

オキセサゼインの作用の仕方は複数あると考えられています。

その中でも最も知られているのが局所麻酔作用です。

その他に胃酸分泌抑制作用や胃腸管運動抑制作用があります。

オキセサゼインを主成分とした市販薬としてサクロンQがあります。

胃痛にはここで紹介した急な差し込み等による胃痛以外にもストレスが発端となり胃酸過多、その結果胃痛が出る、という場合もあります。胃痛に関しては別の記事で解説しています。

【薬剤師のおすすめする最強の胃薬】番外編・コスパ最強の総合胃薬

ここからは番外編です。

ここまでは薬効重視でおすすめを紹介してきましたが、やはりどんな時も懐事情も無視できませんよね。

ということでコスパ最強の胃薬を紹介します

コスパ最強の胃薬としておすすめするのはパンシロン01+です。

パンシロン01+の成分は下記の通りです。

胃を元気にする成分(ニンジン末、ケイヒ末)
消化を助ける成分(ビオジアスターゼ2000、プロザイム6、リパーゼAP6)
胃粘膜の修復・保護(L-グルタミン、アルジオキサ、カンゾウ末)
胃酸を中和・抑制(炭酸水素ナトリウム、炭酸マグネシウム、沈降炭酸カルシウム、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、ロートエキス)

価格と成分を比較すると本当にコスパが良いです。

胃を元気にする漢方、消化酵素、胃粘膜保護薬、胃酸を中和する制酸剤がバランスよくしっかり配合されています。

服用後のスーッとする爽快感も最高です。(添加物でハッカ油が含まれているため)

この納得感は「コスパ最強」に相応しいのではないでしょうか。

コスパ重視の方にはおすすめです。

なおパンシロン01+の効能・効果は「飲みすぎ、はきけ(むかつき、二日酔・悪酔のむかつき、悪心)、嘔吐、胃部不快感、食べすぎ、消化不良、消化促進、食欲不振(食欲減退)、胃弱、胸やけ、胃痛、胃酸過多、げっぷ(おくび)、胃もたれ、胃重、胸つかえ、胃部・腹部膨満感」となっています。

パンシロン01+は前述のように非常に優れたお薬です。総合胃薬をランキング形式で紹介している記事でも紹介しました。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

今回は数ある胃薬の中で個人的におすすめのものを紹介しました。

胃の不調の時に、あるいは胃の不調に備えた常備薬購入の際に今回の記事を参考にしていただけると幸いです。

最後になりましたが胃の症状が長い期間続く場合には、胃潰瘍等の疾患の可能性も否定できないため速やかに受診しましょう。

以上、おすすめの胃薬の紹介でした。

※お薬の使用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が使用しても大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました