胃痛時におすすめの胃薬市販薬を痛みの原因別に紹介【胃薬・胃痛】

市販薬
スポンサーリンク

胃炎による胃の痛み、急な差し込みなど胃痛はしばしば起こります。

今回は胃症状の中でも「胃痛」にフォーカスし、おすすめの市販薬を紹介していきます。

※服用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が飲んでも大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく服用しましょう。

スポンサーリンク

市販薬胃薬の概要

ひとことで胃薬といっても、薬によってその作用は様々。

種類の多い胃薬ですが、市販の胃薬は大きく8つに分類することができます。

図にある通り市販の胃薬は大きく8つに分けることができます。

・胃酸の分泌を抑える「胃酸分泌抑制薬
・胃の粘膜を保護する「胃粘膜保護薬
・胃の筋肉のけいれんを和らげる「鎮痙剤
・胃の痛み止め「オキセサゼイン
・胃酸を中和する「制酸剤
・消化不良に効果的な「消化酵素剤
・昔から使われている「漢方薬
・胃腸の働きを調節する「トリメブチン

今回は原因ごとに胃痛に最適な胃薬を紹介していきます

なお、市販の胃薬8種類については下記の記事でそれぞれ詳しく解説しています。こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

胃痛はなぜ起きる?

胃痛は、胃の粘膜の損傷、後述の胃痙攣などを原因として起こることが多いです。

もちろん胃痛が胃潰瘍などの病気によるものの可能性もありますので症状が数日続く場合には速やかに受診しましょう。

胃の粘膜の損傷」は、暴飲暴食やストレスをきっかけとして胃酸が過剰に分泌されたり、それによる胃粘膜の損傷、胃粘膜防御機能の低下などにより起こります。

胃酸のpHは1.0~1.5の強酸性ということはご存知でしょうか?嘔吐した際に酸っぱく感じるのはこのためです。

炭酸が胃によくないという話は聞いたことがあると思います。

コーラのpHが約2.2なのでそれよりもさらに強い強酸性の胃酸が必要以上に分泌されると胃にとってよくない、というのはイメージできますね。

このように胃酸は食べ物の消化に際して必要ですが、過剰に出ると「胃の粘膜を攻撃する因子」となります。

胃痙攣とは

胃痙攣は胃壁の筋肉層が緊張し、胃が痙攣しているように感じることです。

主な自覚症状は胃痛です。胃痙攣による胃痛は、胃の粘膜が荒れて生じる胃炎の痛みとは異なり、急激に痛み出すのが特徴です。

また、胃痛以外にも吐き気や嘔吐などの症状も引き起こすことがあります。

胃痙攣の原因で最も多いとされているのがストレスです。

他にも胃炎、胃潰瘍その他胃がん等重大な疾患が原因として考えられます。

そのため、胃痙攣の症状がずっと続いている場合には受診しましょう。

スポンサーリンク

胃痛の時におすすめの市販薬

ストレスによる胃痛にはこれ

ストレスによる胃痛がある場合、

ストレス→胃酸過多→胃の粘膜が損傷→胃痛

という状況が考えられますので、おすすめは

1.胃粘膜攻撃因子である胃酸の分泌を抑える胃酸分泌抑制薬
2.荒れた胃の粘膜を保護する胃粘膜保護薬
3.局所麻酔作用のある胃の痛み止め「オキセサゼイン

です。

1.胃酸分泌抑制薬

胃酸分泌抑制薬の市販薬でおすすめはガスター10です。

ガスター10は市販薬の中で胃酸分泌抑制効果が最強です。

錠剤タイプ、水なしで飲める錠剤タイプ、粉薬の3タイプから選べますが、水なしで飲める錠剤タイプがおすすめです。いつでもどこでも簡単に服用できます。

ガスター10は胃酸が原因となる暴飲暴食後の胸焼けにもおすすめです。
胃酸による症状を市販薬で解決したいという場合には市販薬の中で胃酸分泌抑制効果が最強であるガスター10が最もおすすめであることは言うまでもないですね。

参考・胸焼けにおすすめの市販薬胃薬を紹介【原因も解説・胸焼け】

2.胃粘膜保護薬

胃粘膜保護薬の市販薬でおすすめなのがスクラート胃腸薬Sです。

スクラート胃腸薬Sの成分は下記の通りです。

胃粘膜保護薬(スクラルファート水和物)
7つの健胃生薬(ウイキョウ、ウコン、ケイヒ、ゲンチアナ、サンショウ、ショウキョウ、チョウジ)
制酸成分(炭酸水素ナトリウム、合成ヒドロタルサイト)
消化酵素(ビオヂアスターゼ2000、リパーゼAP12)

胃粘膜保護薬・・・スクラート胃腸薬Sの主成分スクラルファート水和物には胃粘膜保護作用・胃粘膜修復作用があります。暴飲暴食やストレスで荒れた胃の粘膜を保護、修復する効果が期待できます。

健胃生薬・・・芳香や苦味によって嗅覚や味覚を刺激→反射的に胃液や唾液の分泌up→胃の機能(運動、分泌、消化)↑

制酸剤・・・胃の粘膜を攻撃する因子である胃酸を中和します。

消化酵素・・・消化を助ける成分です。胃もたれの際には消化を促す消化酵素が配合されていることが重要です。

スクラート胃腸薬Sは、暴飲暴食やストレスによる胃の諸症状に対して必要な成分が過不足なく、バランスよく配合されています。

胃痛以外にも、胃もたれや胸焼けにもおすすめの薬です。

参考・胃もたれにおすすめの市販胃薬を紹介【コンビニで買えるものもある】

3.オキセサゼイン

オキセサゼインには局所麻酔作用があり、胃の痛み止めとして使われます。
オキセサゼインを成分とする市販薬にはサクロンQがあります。

食べ過ぎ、飲み過ぎの翌日の胃痛にはこれ

食べ過ぎ、飲み過ぎにより胃痛が生じている場合、

・暴飲暴食により胃酸の量が一時的に増えている
・暴飲暴食により胃粘膜が荒れている
・暴飲暴食により摂取したものが消化しきれていない

という状況が考えられます。

ここから考えると

・いつもよりも過剰にでている胃酸を中和する制酸剤
・胃酸自体を抑える胃酸分泌抑制薬
・荒れた胃粘膜を保護する胃粘膜保護薬
・消化を助ける消化酵素

以上が含まれているお薬が適当と考えられます。

真っ先におすすめしたいのが先ほども紹介したスクラート胃腸薬Sです。

ストレスによる胃痛で紹介したこのお薬が、食べ過ぎ、飲み過ぎによる胃痛の際に最もおすすめしたいお薬です。

次におすすめなのはガスター10です。こちらもストレスによる胃痛の際にも紹介しました。

ガスター10の効果は胃酸分泌抑制だけですが、市販薬の中では胃酸分泌抑制効果が最強であるため高い効果が期待できます。

制酸剤が分泌の増えている胃酸を中和するのに対して、胃酸分泌抑制薬は胃酸の分泌自体を抑えるというものです。
水道の水で例えると、蛇口の故障によりとまらない水の処理を考えるのが制酸剤。蛇口の修理をし、水の放出をとめるのが胃酸分泌抑制薬です。

なお、ガスター10は第1類医薬品のため薬剤師から購入する必要があります。

そして最後に個人的におすすめしたいのがパンシロン01+です。

パンシロン01+の成分は胃を元気にする成分(ニンジン末、ケイヒ末)、消化を助ける成分(ビオジアスターゼ2000、プロザイム6、リパーゼAP6)、胃粘膜の修復・保護(L-グルタミン、アルジオキサ、カンゾウ末)、胃酸を中和・抑制(炭酸水素ナトリウム、炭酸マグネシウム、沈降炭酸カルシウム、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、ロートエキス)の4本立てです。

個人的に使用感が非常に良く、食べ過ぎによる胃痛、胃もたれの時に頻繁に服用するので今回紹介させていただきました。なんといっても服用後のスーッとする爽快感がたまりません。(添加物でハッカ油が含まれているため)

ここで紹介したスクラートSとパンシロン01+については総合胃薬をランキング形式で紹介した記事でも上位ランクで紹介しました。個人的に非常に優れた商品だと思います。

参考・市販の総合胃薬ランキング【胃もたれ、食欲不振などに総合的に効く】

胃痙攣、急な差し込みによる胃痛にはこれ

胃痙攣、急な差し込みによる胃痛におすすめの市販薬は2つあります。

1.胃の筋肉のけいれんを和らげる「鎮痙剤」
2.局所麻酔作用のある胃の痛み止め「オキセサゼイン」

胃痙攣による胃痛におすすめの薬

胃痙攣による胃痛におすすめなのが鎮痙剤ブスコパンAです。

胃痙攣の原因はストレスの他にも胃炎、胃潰瘍その他胃がん等重大な疾患が原因として考えられます。

症状がずっと続いている場合には受診しましょう。

鎮痙剤とは馴染みのない言葉ですが簡単です。痙攣(けいれん)を鎮(しず)める薬のことです。

医療用医薬品でも「ブスコパン」という名称で販売されている、名前の知れたお薬です。

急な差し込みによる胃痛におすすめの薬

急な差し込みによる胃痛におすすめの市販薬は、胃の痛み止めである「オキセサゼイン」を主成分とするお薬です。

オキセサゼインの作用の仕方は複数あると考えられています。

その中でも最も知られているのが局所麻酔作用です。

その他に胃酸分泌抑制作用や胃腸管運動抑制作用があります。

オキセサゼインを主成分とした市販薬としてサクロンQがあります。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

今回は胃の症状の中でも特に胃痛にフォーカスし、状況別におすすめの市販薬を紹介しました。

ご自身の症状に合った市販薬を選択することで高い効果が期待できます。

胃痛の際の胃薬選びの参考にしてみてください。

※服用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が飲んでも大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく服用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました