胸焼けにおすすめの市販薬胃薬を紹介【原因も解説・胸焼け】

市販薬
スポンサーリンク

胸焼けによる不快感はしんどいですよね。

胸焼けは食欲不振や胃痛を併発することもあり非常にやっかいです。

今回は胃の症状の中でも「胸焼け」にフォーカスし、おすすめの市販薬の胃薬を紹介していきます

※服用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が飲んでも大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく服用しましょう。

スポンサーリンク

市販薬胃薬の概要

ひとことで胃薬といっても、薬によってその作用は様々。

種類の多い胃薬ですが、市販の胃薬は大きく8つに分類することができます。

図にある通り市販の胃薬は大きく8つに分けることができます。

・胃酸の分泌を抑える「胃酸分泌抑制薬
・胃の粘膜を保護する「胃粘膜保護薬
・胃の筋肉のけいれんを和らげる「鎮痙剤
・胃の痛み止め「オキセサゼイン
・胃酸を中和する「制酸剤
・消化不良に効果的な「消化酵素剤
・昔から使われている「漢方薬
・胃腸の働きを調節する「トリメブチン

今回は胃薬の中で胸焼けに対して効果の期待できるお薬を解説していきま

なお、市販の胃薬8種類については下記の記事でそれぞれ詳しく解説しています。こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

胸焼けとは?逆流性食道炎って?

胸焼け

「胸焼け」とは、食道~みぞおちの上辺りがヒリヒリ焼けるような感じのことをいいます。

暴飲暴食の翌日の胃もたれとは少し異なる症状です。

胸焼けの原因は胃酸です。胃酸が様々な要因により喉の方へ逆流することで胸焼けの症状が出ます。

胃酸のpHは1.0~1.5の強酸性ということはご存知でしょうか?嘔吐した際に酸っぱく感じるのはこのためです。

色んなもののpH
水:pH7.0くらい
炭酸水:pH4.5~5.0くらい
料理で使うお酢:pH~3.0くらい
コーラ:pH2.2くらい

胃酸がいかに強酸性かわかりますね。

強酸性の胃酸の逆流が原因で、胸焼け、さらには逆流性食道炎(後述)となることがあります。

このように胃酸は食べ物の消化に際して必要ですが、過剰に出ると「胃の粘膜を攻撃する因子」となります。

胃酸が原因となって出る症状の代表的なものとして胸焼け以外に胃痛があります。ストレスで胃痛を感じている場合には胃酸過多、あるいは胃の粘膜が荒れているという状態が予想されます。胃痛については下記記事で解説しましたのでこちらもご興味あればご覧ください。

逆流性食道炎

胃酸が逆流している状態で、食道の炎症を伴うものをいいます。

す。

胸やけをはじめ、のどや胸のつかえ、咳が出る場合もあります(胃酸が刺激となって反射的に咳が出る)。

逆流性食道炎の治療に際しては、市販の胃薬よりも強力な胃酸分泌効果のある薬を使用することが多いです。そのため胸焼けの症状が長い期間続く場合には一度受診してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

胸焼けの原因は?

胸焼けは胃酸の逆流が原因であることは説明しました。

では胃酸の逆流の要因は?となりますが、胃酸逆流の要因はいくつか考えられます。

ストレス

ストレスを受け続けると自律神経が乱れ、胃の働きを通常通りコントロールできなくなります。その結果胃酸が必要以上に分泌されることがあります。

多すぎる胃酸が食道に逆流することで、胸焼けを引き起こします。

また、ストレスによる消化機能の低下によって胃酸の逆流が生じやすくなります

食べてすぐに横になる

横になる姿勢は、立っている場合と比較して胃酸の逆流が起きやすい状態です。

立っている場合は胃が下、食道が上になるため逆流は物理的には起こりづらいのですが、横になると胃と食道が水平に近くなります。そのため胃酸の逆流が起こりやすくなります。

食後は消化のために胃酸の分泌が盛んになります。

まとめると、「食べてすぐに横になる」というのは、「胃酸が盛んに分泌されている時に、胃酸の逆流が起きやすい体制になる」ということになります。

以上の理由から食後すぐに横になると胸焼けが起こりやすくなります。

夜食も「食べてすぐに横になる」ということですので注意が必要です。

暴飲暴食・嗜好品

暴飲暴食や脂っこい食事が原因で胸焼けとなることがあります。

消化の悪いものを摂取することで大量の胃酸が分泌され、食道への逆流につながります。結果として胸焼けが起こることがあります。

また、アルコールやタバコ、炭酸飲料、香辛料なども胃酸の量が増える原因になります。

加齢

食道の多くは薄い筋肉でできています。加齢による筋力低下が胃酸の逆流、胸焼けの要因となることがあります。主に食道の筋肉の衰えによるものです。

肥満

肥満はそれだけで胸焼けの原因となります。腹圧が加わるためです。

肥満の人が仰向けで眠る場合を想像するとわかりやすいと思います。お腹の脂肪が腹圧の原因となり、押し出されるようにして胃が食道の方に逆流してきやすくなります。

猫背

猫背も胸焼けの原因となります。肥満と同様腹圧がかかりやすくなるためです。

姿勢の良い人と猫背の人のお腹のあたりを比べてみましょう。

姿勢の良い人が地面に対して直角に近いのに対し、猫背の人は背中が丸まりお腹が縮まりがちです。

また、農業、草むしり、DIYなどで前屈みの姿勢が続くことでも胸焼けが起こりやすくなります

ピロリ菌

ピロリ菌という名前を聞いたことがある人は多いと思います。「ピロリ菌除菌」もよく耳にする言葉ですね。

ピロリ菌は胃の中で生息するために強酸性である胃酸から身を守る必要があります。身を守るために常にアンモニア(塩基性物質)を出し続けています。

このアンモニアが粘膜を傷つけていると考えられています。それにより慢性胃炎を繰り返し、胸焼けの原因になります。

ピロリ菌は胃がんのリスクファクターとも言われています。

ピロリ菌の除菌療法は「抗生剤2種類と胃薬を7日間飲む」というものです。

「除菌」と聞くと大変そうですが、想像よりも簡単と思った方は多いのではないでしょうか。飲み薬を7日間しっかり飲めば良いのです。

胃の症状が気になる方、ピロリ菌を既に指摘されている方は除菌を検討してみるのが良いと思います。

【原因別】胸焼けにおすすめの市販薬胃薬はこれ

ここからは胸焼けにおすすめの市販薬の胃薬を紹介していきます。

暴飲暴食が原因の場合

これは一時的な胸焼け、というイメージです。

飲み会の翌日、おいしいお肉をディナーで食べた翌日、そういう場合ですね。

おすすめは総合胃薬です。

暴飲暴食により胸焼けが生じている場合、

・暴飲暴食により胃酸の量が一時的に増えている
・暴飲暴食により胃粘膜が荒れている
・暴飲暴食により摂取したものが消化しきれていない

という状況が考えられます。

ここから考えると

・いつもよりも過剰にでている胃酸を中和する制酸剤
・荒れた胃粘膜を保護する胃粘膜保護薬
・消化を助ける消化酵素

以上が含まれているお薬が適当と考えられます。

おすすめの総合胃薬はスクラート胃腸薬Sです。

スクラート胃腸薬Sの成分は下記の通りです。

胃粘膜保護薬(スクラルファート水和物)
7つの健胃生薬(ウイキョウ、ウコン、ケイヒ、ゲンチアナ、サンショウ、ショウキョウ、チョウジ)
制酸成分(炭酸水素ナトリウム、合成ヒドロタルサイト)
消化酵素(ビオヂアスターゼ2000、リパーゼAP12)

胃粘膜保護薬・・・スクラートSの主成分スクラルファート水和物には胃粘膜保護作用・胃粘膜修復作用があります。

健胃生薬・・・芳香や苦味によって嗅覚や味覚を刺激→反射的に胃液や唾液の分泌up→胃の機能(運動、分泌、消化)↑

制酸剤・・・胃の粘膜を攻撃する因子である胃酸を中和します。

消化酵素・・・消化を助ける成分。暴飲暴食による胸焼けの際には飲食物が消化しきれていない状況が考えられますので消化酵素が配合されていることがお薬を選択する上で大事なポイントの1つです。

スクラート胃腸薬Sは、暴飲暴食による胃の諸症状に対して必要な成分が過不足なく、バランスよく配合されているため、今回「暴飲暴食による胸焼け」に対して最もおすすめの市販薬と判断しました。

スクラート胃腸薬Sは総合胃薬ランキングの記事で1位として紹介させていただきました。
市販の総合胃薬ランキング【胃もたれ、食欲不振などに総合的に効く】

その他の場合

その他の場合はまず、胸焼けの理由(胃酸逆流の理由)を考えてみましょう。タバコや猫背、肥満等改善が比較的容易な場合にはまず原因の改善を検討しましょう。

ストレス、加齢等改善が困難なものが原因と考えられる場合におすすめの市販薬はガスター10です。

ガスター10は市販薬の中で胃酸分泌抑制効果が最強です。

「胃酸を抑えたい」という場合にはほぼほぼ市販薬ではガスター10一択と言っても過言ではありません。

なお、胃酸の逆流が長い期間続く場合には早めに受診しましょう。

逆流性食道炎など医師による治療が必要な場合があります。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

今回は胃の症状の中でも「胸焼け」にフォーカスしおすすめの市販薬を紹介しました。

繰り返しになりますが長い期間続く胸焼けは病気のサインかもしれません。

市販薬使用後も症状が続く場合は速やかに受診しましょう

今回の記をが胸焼けの際の市販薬選びの参考にしていただけると幸いです。

※服用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が飲んでも大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく服用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました