あかぎれにおすすめの市販薬。ひどいときはステロイドを使用しましょう

市販薬
スポンサーリンク

冬の季節に起こりがちなあかぎれ。特に手で発生する方が多いのではないでしょうか。

一度なってしまうと治るまでに時間がかかり、治るまでは手を使うたびに痛みやかゆみに耐えなければなりません。患部は水もしみるので、特に水仕事はかなり辛くなってしまいますよね。多くの皆さんが経験されたことのある症状だと思います。

今回は冬の季節、特に手に発生することの多いあかぎれについて解説した上で、おすすめの市販薬を紹介していきます。

※お薬の使用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が使用しても大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

スポンサーリンク

あかぎれの概要

あかぎれとは、乾燥する冬場に主に手に発生する、皮膚に亀裂が入る症状のことです。患部はわかりやすい言葉で言うとぱっくり割れてしまう状態です。

あかぎれの前段階としてわずかなかゆみを伴う「ひび割れ」があり、ひび割れから亀裂がさらに深くなり赤みや痛みを伴うようになったものを「あかぎれ」と呼びます。

一度亀裂が入ってしまった皮膚は治るまでに一定時間を要します。手にあかぎれが発生した場合には、患部には水もしみるため水仕事をすることが大変辛くなります。

冬によくある皮膚トラブルとしてしもやけもあります。しもやけあかぎれは異なる病態ですが寒い冬に生じやすいという共通点があります。

しもやけについては別の記事で解説しています。
しもやけの原因や対策、おすすめの市販薬を紹介【飲み薬はビタミン剤】

スポンサーリンク

あかぎれの原因

あかぎれ原因はずばり皮膚の乾燥です。

皮膚の水分や皮脂が失われた状態が「皮膚が乾燥している状態」であり、乾燥することにより弾力性を失い硬くなった皮膚が割れる、これがあかぎれです

皮膚が乾燥する原因として下記が考えられます。

湿度が低い
水仕事が多い
その他

湿度が低い

冬の寒い季節には、空気は一般に乾燥しています。言い換えると湿度が低下しています。

湿度が低い環境では皮膚の水分が蒸発しやすくなり、皮膚がカサカサしやすくなります

皮膚の乾燥が進むとカサつきの段階を経てひび割れが起こり、最終的にあかぎれとなります。

水仕事が多い

水仕事で手の皮膚が濡れ、また水仕事では洗剤を一緒に使うことが多く、洗剤は油を流すものですので洗剤を素手で触ると皮脂が失われてしまいます。

そして水仕事のあとに皮膚が濡れたままになっていると、皮膚の水分も一緒に蒸発してしまいます。

皮膚の水分や油分が失われると皮膚が弾力性を失い硬くなり、あかぎれが発生しやすくなります。

その他

皮膚が乾燥する原因としてその他に頻繁な手洗いアルコールによる手指消毒洗浄力の強いシャンプーの使用等も考えられます。

また、料理を毎日する方や美容師の方等、水を使う頻度が高い方はあかぎれが発生しやすいため注意、対策が必要です。

スポンサーリンク

あかぎれの予防

あかぎれの発生を防ぐためにできることはたくさんあります。

皮膚が乾燥する原因を避ける、あるいは原因に対してきちんと対策していくことがあかぎれの予防につながります。また、弾力のある健康的な皮膚であるためにもここで紹介する対策は重要です。

あかぎれは一度できると治るまでに時間を要します。辛い痛みやかゆみを避けるためにはあかぎれを発生させないための対策がとても大切です。

皮膚の保湿

皮膚の乾燥を防ぐためには保湿することが何よりも重要です。

当たり前のことですが保湿を頻繁にしていれば乾燥はしません。

入浴後や水仕事の後、アルコール消毒後など皮膚が乾燥するタイミングには必ずハンドクリームなどで保湿するように心がけてみてください。それだけで皮膚トラブルはぐっと減るでしょう。

水仕事でできる対策

水仕事はあかぎれ発生の大きな原因となります。そうはいっても避けて通れないのが現実。毎日料理や洗い物などで水仕事をされている方も多いと思います。

水仕事の際には洗剤を使うことが多く、洗剤は油を流すものですので洗剤を素手で触ると皮脂が流れてしまいます。皮膚のバリア機能維持に必要な皮脂を失わないためにも、水仕事をする際にはゴム手袋の使用を検討しましょう。

また、水仕事のあと手が濡れたままでいると皮膚の水分も一緒に蒸発してしまいます。これを避けるためには水仕事後の水分をしっかりと乾いたタオルで拭き取ることが重要です。拭き取る時に力強く拭いてしまうとその刺激が逆に皮膚に悪影響となり得ます。やさしく、しっかり拭き取るように意識してみましょう。

寒さや乾燥への対策

やはり冬の冷たい空気に皮膚が触れるとそれだけで血管が収縮し乾燥しやすくなってしまいます。

また、乾燥した部屋では皮膚から水分が蒸発しやすくなります

冷たい外気に触れることの対策としては手袋や耳当て、マフラーなどの防寒具、乾燥した部屋に対しては加湿器で対策することが望まれます。

あかぎれにおすすめの市販薬

ここからあかぎれにおすすめの市販薬を紹介していきます。

あかぎれの予防におすすめの市販薬

まずはあかぎれの予防。

皮膚が乾燥しやすいタイミングにしっかり保湿することで、皮膚の乾燥が原因で発生するあかぎれを防ぐことができます。

症状が出てから治療に使うお薬というのはもちろん重要ですが、症状の発生を防ぐお薬も同じくらい重要です。塗り薬は飲み薬と比較しても場所やタイミングを選ばずに比較的どんな場面でも使用できるものです。

是非あかぎれ予防のために積極的な保湿を心がけてみてください。

毎年毎年冬にあかぎれができてしまうという方も、頻繁な保湿を心がけることであかぎれの発生を防ぐことができるかもしれません。

プロペトピュアベール

おすすめの1つめはプロペトピュアベールです。医療用医薬品としては「プロペト」という名前で広く使われています。

プロペトとはよく聞く「ワセリン」をさらに精製し不純物を除いたものです。

老若男女問わず保湿、皮膚保護の目的で広く使用されるものです。

ワセリンとは石油を作る際の残油を精製して得られるものです。

精製の度合いに応じ以下のように名前がついています。

黄色ワセリン<白色ワセリン<プロぺト<サンホワイト

黄色ワセリンは現在ほとんど使われておらず、通常白色ワセリン及びプロペトが汎用されます。

ちなみにサンホワイトプロペトよりも精製度の高いものですが、価格も高くなります。

調剤薬局勤務時の経験ですが、新生児に対してもプロペトは頻繁に処方されます。しかも顔に塗布するということも多いです。これはプロペトが舐めても大丈夫なほどの精製度であり、したがって不純物も少ないためです。そこから考えると精製度に関してはプロペト程度で十分と言えると思います。

ヘパリン類似物質配合の市販薬

あかぎれ予防におすすめの市販薬2つめは、ヒルマイルドなどのヘパリン類似物質を成分とする市販薬です。

医療用医薬品では「ヒルドイド」という名称の商品がヘパリン類似物質配合です。

ヒルドイドは美容領域でも有名なお薬でありご存知の方も少なくないと思います。

ヘパリン類似物質には保湿作用の他に血行促進作用もあり、肌の新陳代謝を促す作用も期待されます。2つの効果であかぎれの発生を防ぐだけでなく、うるおいのある健康的な肌へと導きます。

あかぎれの治療におすすめの市販薬

次にあかぎれが発生した際におすすめの市販薬を紹介します。

すでにあかぎれが発生している場合には患部の炎症を抑えるという観点で市販薬を選択しましょう

ヒビケア軟膏a

最初におすすめしたいのはヒビケア軟膏aというお薬です。

配合成分は以下の通りです。

・アラントイン(割れた患部の組織修復)
・パンテノール(肌細胞の代謝を促進)
・トコフェロール酢酸エステル(血行促進)
・グリセリン(保湿成分)
・ジフェンヒドラミン(かゆみ止め)

あかぎれの症状に対応した5つの成分が配合された贅沢な処方内容となっています。

アラントインはぱっくり割れてしまった患部の修復を助けます。パンテノールは肌の新陳代謝促進により、トコフェロールは血行促進によりそれぞれ傷の治りを補助します。
そしてグリセリン患部の保湿ジフェンヒドラミン患部のかゆみに対しての効果が期待されます。

かゆみがあり、痛みはそこまで感じないあかぎれの場合にはこのヒビケア軟膏aをおすすめします。

ベトネベートN軟膏AS

ベトネベートN軟膏AS辛い痛みを伴うあかぎれにおすすめです。

配合成分は下記の通りです。

・ベタメタゾン吉草酸エステル(抗炎症作用)
・フラジオマイシン硫酸塩(抗菌薬、化膿止め)

ベタメタゾン吉草酸エステル炎症を抑えるステロイド剤で、炎症を伴った痛みが生じている患部の炎症を鎮めます。優れた抗炎症作用が期待されます。

フラジオマイシン硫酸塩抗生物質です。あかぎれの場合には皮膚がぱっくり割れており患部から感染を起こす可能性も否定できないため、抗生物質が配合されていると安心です。

ベトネベートN軟膏ASはあかぎれ以外にも虫刺されをはじめとしたさまざまな皮膚トラブルに使用できます。虫刺されについては別の記事で解説しています。

虫刺され
虫刺されに効く最強の市販薬ランキング【ステロイド配合の薬がおすすめ】

また、市販のステロイド剤についてまとめている記事もありますのでご興味ある方は下記記事もご覧ください。ステロイドは医療用医薬品も含めると、強さに応じて5段階に分類されます。例えば今回紹介したベトネベートは市販薬の中では最強ですが、医療用医薬品も含めると5段階中真ん中の強さに分類されます。

参考・市販ステロイド軟膏(塗り薬)のおすすめを紹介【市販薬で最強なのはどれ?】

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

あかぎれは一度発生すると治癒するまでに一定の時間を要します。

発生を防ぐためにこまめな保湿を実施することを推奨します。

あかぎれが発生した場合には今回紹介した市販薬を使用してみてはいかがでしょうか。

以上今回はあかぎれの際におすすめの市販薬を紹介しました。

※お薬の使用時には製品パッケージに記載の注意事項をよく読み自分が使用しても大丈夫なのか確認の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました